GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2015.01.20(Tue)

マイリー・サイラスの両親、娘の「迷走」ぶりに怒りの説教!

マイリー・サイラス

 歌手で女優のマイリー・サイラス(Miley Cyrus, 22)が過激な写真を公開したことに対し、両親が「怒り」の説教をしたと伝えられた。

 米National Enquirer誌は今月、レコーディングスタジオで撮影されたマイリーの画像を掲載した。ワンジーと呼ばれるつなぎを着て、テーブルの上にドラッグ用器具とみられるものが並んでいるのが写っている。

 マイリーは今回コメントしていないが、以前は違法薬物の摂取を公言したこともある。当人はあまり心配していないかもしれないが、父でカントリー歌手のビリー・レイ・サイラス(Billy Ray Cyrus)と母ティッシュ(Tish)の反応は違ったようだ。

 「両親から説教されていた。2人とも激怒して、彼女はスタジオでどんな人と一緒にいるのかもっと気をつけることに同意した」とある関係者は英Heat誌に語っている。「特に母親は娘の迷走ぶりを心配している。行動に干渉すべきだとスタッフも話し合っている。起きるのが避けられない交通事故のようなものだ」

 また、マイリーがより大きな問題を抱えているという懸念もある。最近はメディアにあまり登場していないが、マイリーは人目につかないところで自分を試しているようだ。

 「彼女は今、自分の健康を限界まで試していて、例えば睡眠時間を毎日3時間に減らしている。でも大したことじゃないと思い込んでいるんだ」と事情通が続けた。「彼女はドラッグの使用にとてもオープンだし、しょっちゅうその話題に触れているから、このくらいの写真は大したことじゃないと考えている。模範的な存在になるのが大嫌いなんだ」

 米ディズニードラマ「シークレット・アイドル ハンナ・モンタナ」でブレイクしたマイリーは、メディアに注目されて成長することに苦しんできた。ワイルド路線にイメチェンしてからは批判の的となり、露出度の激しいステージ衣装は若いファンに良いメッセージを与えないとも指摘されている。

 2013年には米Rolling Stone誌でのインタビューでドラッグについて赤裸々に語り、さらに物議をかもした。

 「マリファナは世界最高のドラッグだと思っているわ。一度、ペヨーテ(幻覚作用のあるサボテンの一種)を入れたジョイントを吸ったことがあるけど、月に向かって吠えるオオカミが見えたわ」とマイリーは力説した。「ハリウッドはコカインタウンだけど、マリファナはずっとマシ。モリーもそう。ハッピードラッグというか、ソーシャルドラッグだと思っているの。友だちと一緒にいたくなる。開放的になって、バスルームから出たくなる。コカインは好きじゃないわ。気持ち悪くなるし、すごく暗い。何それ、90年代? オエッて感じだわ」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2020.12.03(Thu)

30代の彼氏に贈るなら!おすすめのクリスマスプレゼント5選
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.12.02(Wed)

みんな使い始めてる『ヒト幹細胞コスメ』、何がおすすめ?
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

SPECIAL

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.11.10(Tue)

吐息も近づきそうな夜”レディのたしなみ”を口元に
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.06.10(Wed)

セルライト対策におすすめ!乾燥肌にも使える優しいボディケアオイル5選
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

RECOMMEND

2020.05.16(Sat)

室内でも日焼けするって本当?おすすめの日焼け止めサプリ10選
nanat
nanat

2020.05.08(Fri)

あなたの胸に合うブランドは?【大きい胸・小さい胸用】おすすめランジェリーTOP3
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.10.06(Tue)

キャンプのときの化粧はこれがあれば大丈夫!持っていきたい化粧品6選
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team