GLAM Editorial
GLAM Editorial

2015.01.20(Tue)

キャメロン・ディアス、結婚を先延ばししたのは理想の相手とめぐり会うため?

キャメロン・ディアス

 女優のキャメロン・ディアス(Cameron Diaz, 42)は、夫で米パンクロックバンド、グッド・シャーロット(Good Charlotte)のベンジー・マッデン(Benji Madden)のことを、これまでに交際した男性の中で「最もやさしく、親切」だと考えているようだ。

 キャメロンは5日、その約8ヶ月前に交際をスタートした、全身にタトゥーがあることでも知られるベンジーと控えめな結婚式を挙げた。お互いに初婚で、キャメロンはこれまでにジャスティン・ティンバーレイク(Justin Timberlake)やジャレッド・レト(Jared Leto)と交際し、ベンジーはパリス・ヒルトン(Paris Hilton)やソフィー・モンク(Sophie Monk)らと付き合っていた。

 しかし結婚するタイミングを待ち続けたことでキャメロンは報われたかもしれない。ベンジーは理想の相手だと考えているからだ。

 「キャメロンは自分が何を求めているのか自覚している強い女性だし、どうすれば相手とうまく付き合っていけるかを過去の失敗から学んでいる。結局のところ、自分が信じられる相手と出会えるまで待ったかいがあったというわけだ」とある事情通は英Closer誌に語っている。「見かけはワイルドでも、ベンジーはキャメロンがこれまでに付き合ってきた男性の中で最もやさしくて親切で、2人は将来、子どもをつくる話までしているくらいだ」

 ベンジーとの結婚でもう一つ大きなプラスだったのは、ベンジーの双子の兄弟にあたるジョエル(Joel)がキャメロンの親友ニコール・リッチー(Nicole Richie)と結婚している点だ。2人とも結婚式に参列している。

 式を挙げる前は結婚について悪態をついていたキャメロンだが、今では新婚の夫に夢中で、家族をつくることにも前向きのようだ。

 「キャメロンは激しいワークアウトを減らし、クリスマス時期にはお酒の飲みすぎないように振る舞っていた。ベンジーは初めて彼女と会ったときから、『かわいい赤ちゃん』をつくりたいと言っていたよ!」と事情通が熱く語った。「キャメロンは自分にハッピーエンディングが訪れるとは思っていなかったけど、今はすっかり彼に夢中なんだ」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2021.02.15(Mon)

地中海太陽の恵み「サンライズ レッドグレープフルーツ」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.02.05(Fri)

花粉肌荒れに悩んでるなら必見!"花粉肌荒れ"対策コスメ5選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.18(Mon)

年末年始の食べ過ぎをなかったことに!おすすめのリセットレシピ5選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.02.15(Mon)

地中海太陽の恵み「サンライズ レッドグレープフルーツ」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2020.12.10(Thu)

30代女子の強い味方!アラサー世代が選びたいおすすめスキンケアアイテム10選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.04.20(Mon)

お家デートも安心!おすすめのかわいいルームウェア6選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.08.31(Mon)

レディースにおすすめのシンプルなネックレス5選。上質で洗練されたオトナ女子のアイテム
GLAM Editorial
GLAM Editorial