GLAM Editorial

2015.01.20(Tue)

「マルケスアルメイダ」のマルタとパオロ、出会いの頃はコンビを組むのはまったく想定外だった!?

パウロ・アルメイダ&マルタ・マルケス

フレイドエッジでオーバーサイズなカジュアルデニムなど、独特の美的感性で瞬く間にロンドン発の注目ファッションブランドに駆けのぼった感のある「マルケスアルメイダ」(Marques'Almeida)。同ブランドの創始者である二人のデザイナー、マルタ・マルケス(Marta Marques)とパウロ・アルメイダ(Paulo Almeida)はともにポルトガル出身で、そもそもは同国のポルト市にあるCITEX Fashion Schoolでお互いが勉強している時に出会った。しかし、後にふたりでコンビを組んでいくことになろうとは、その頃は夢にも思っていなかったそうだ。

「ポルト市にぶかぶかなジーンズをよく買いに行くアングラの店があって、そこを覗くのに夢中だったりして、いわゆるファッションショーとかには目も向けてなかった頃だったわね。ふたりとも個性が強くて、とても異なっているしね」と英InStyle誌に対してマルタは語った。

「ぼくのほうは、こぎれいでさっぱりした好みだったのに対して、マルタの方は、トライブファッションでもっぱら歯応えが前面に出ているという感じだったね」と、パオロのほうも懐かしそうに振り返った。

2009年にどちらもロンドンに移ったふたりは、フィービー・イングリッシュ(Phoebe English) やシモーネ・ロシャ((Simone Rocha)らとともに、ロンドン芸術大学のカレッジ、セントラル・セントマーチンズ(Central Saint Martins)の高名なファッションMAプログラムで学ぶことに。そこで初めてふたりでコンビを組んだコレクションを発表したのが、いまやロンドンのファッションウィークでも常に注目される「マルケスアルメイダ」の誕生となった。

「自分だけでやるなんて、とんでもないと思ったの。それで、ふたりでやるとしても、とにかく自分たちを支えてくれて、『いや、これは全然ダメ。やめたほうがいい』とか、ちゃんと言ってくれるひとがいるところで試そうと考えたのよ。先生たちが、本当に素晴らしかったわ」と、マルタは2011年時の卒業コレクションのことについて語った。

英ファッションリテール大手の「TOPSHOP」とのコラボ展開も昨年から始まった「マルケスアルメイダ」。自分たちのDNAに忠実でありながら、これまで以上に幅広い客層に届けることが出来るのは素晴らしい経験だったと、マルタはそれについては大いに満足そうだった。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

NEW 2021.08.02(Mon)

リップのアートメイクで何が変わるの?解決できるお悩みと注意点についても解説
GLAM Editorial

NEW 2021.08.02(Mon)

【最新版】安全なリップアートメイククリニックBEST3 | 絶対に失敗したくない方向け
GLAM Editorial

2021.07.14(Wed)

【最新版】安全な眉毛アートメイククリニックBEST3 | 絶対に失敗したくない初心者向け
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.05.28(Fri)

【紫外線から肌を守る!】メイクしながらUVケアができる化粧品全6選!
GLAM Editorial

2021.05.21(Fri)

【田中みな実のボディケアが知りたい!】美肌におすすめアイテム
GLAM Editorial

2021.05.18(Tue)

【UVケアできる化粧下地・コスメ特集】ブルーライトカットや日焼け止めにも!
GLAM Editorial

RECOMMEND

2020.09.02(Wed)

オーガニックハンドクリームおすすめ6選!美しい手をキープしよう
GLAM Editorial

2020.05.01(Fri)

【タイプ別】あなたのストレスに合うおすすめのストレス解消法10選
GLAM Editorial

2021.05.25(Tue)

おしゃれなテントでキャンプを楽しもう!おすすめテント5選
GLAM Editorial