GLAM Editorial

2015.01.12(Mon)

スカイ・フェレイラ、コスメはシンプルが好き!

スカイ・フェレイラ

米歌手のスカイ・フェレイラ(Sky Ferreira、22)は、グランジシックなルックと様々な色に髪を染め替えることがトレードマーク。そんな彼女だけに、化粧の方もさぞかし凝り性かと思いきや、意外にもこちらの方はシンプルなメークがお好みだとか。

「わたしは、あまり複雑でないものが押しなべて好き」と、独Jolie誌に対してスカイは述べ、リップはヌードが好みだとも語った。

「毎日メークをしていないと気が済まないわけじゃ、わたしはないの。ツアーに出ているときなどは、化粧を毎日たくさん落とす必要がないルックであるほうがいいのよ(笑)」

昨年2014年は、マイリー・サイラス(Miley Cyrus)の「バンガーズ・ツアー」(Bangerz Tour)のオープニングアクトを務めて大忙しだったスカイだけに、年齢とともに皺が増える心配などに気を取られてはいないようだ。

「わたしの肌の手入れはきわめて単純なのよ。優先して頭にあるのは、日焼け止めをすることだけ。日焼け止めの機能が含まれているファンデーションを使うことにしているわ」

メークはシンプルを心掛けているスカイだが、髪の毛については斬新な実験を続ける気は相変わらず満々で、試す気のないヘアカラーはないという。スカイが、スタイルアイコンとして崇めているのは、ニルヴァーナ(Nirvana)の故カート・コバーン(Kurt Cobain)と ブロンディ(Blondie)のデビー・ハリー(Debbie Harry)というふたりの大先輩アーティストたち。スカイは、カート・コバーンのファッションセンスとグランジルックを敬愛していることを常々語ってきている。

「それと、わたしの目からすると、デビー・ハリーは完璧そのもの」と、微笑みながら語ったスカイ。

「自分のルックを定期的に変えるのがわたしは好き。ヘアカラーを通じて自分を表現するのがわたしの大きな喜びなのよ」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2021.06.11(Fri)

夏の臭いケアにおすすめ!おしゃれな制汗スプレー9選
GLAM Editorial

2021.06.11(Fri)

ニップルアートメイクとは?|どのような方におすすめなのかも合わせて解説
GLAM Editorial

2021.06.08(Tue)

アートメイクをするならアートメイクギャラリーを選ぶべき5つの理由
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.05.28(Fri)

【紫外線から肌を守る!】メイクしながらUVケアができる化粧品全6選!
GLAM Editorial

2021.05.21(Fri)

【田中みな実のボディケアが知りたい!】美肌におすすめアイテム
GLAM Editorial

2021.05.18(Tue)

【UVケアできる化粧下地・コスメ特集】ブルーライトカットや日焼け止めにも!
GLAM Editorial

RECOMMEND

2021.05.11(Tue)

室内でも日焼けするって本当?おすすめの日焼け止めサプリ10選
GLAM Editorial

2019.12.03(Tue)

【女の履歴書】Vol.10 アーティスト・伊藤千晃「仕事も子育ても楽しくやりたい。笑顔があるところにいいものが生まれると...
GLAM Editorial

2020.10.16(Fri)

スタイリッシュで使いやすい!おしゃれなウェットティッシュケース5選
GLAM Editorial