GLAM Editorial
GLAM Editorial

2015.01.10(Sat)

『フィフティ・シェイズ』のジェイミー・ドーナン、熱狂的ファンに殺されることが一番の不安!?

ジェイミー・ドーナン

 俳優のジェイミー・ドーナン(Jamie Dornan, 32)にとって一番の不安は、「熱狂的なファン」に殺されることのようだ。

 ジェイミーは2006年の映画『マリー・アントワネット』に脇役で出演し、俳優としてのキャリアをスタート。その後は英TVシリーズ「THE FALL 警視ステラ・ギブソン」で主役を務め、好評を博した。そんなジェイミーにとってキャリア最大の役は、官能小説を原作とした『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』のタイトルロールであり、SMに興味のあるビジネスマン、クリスチャン・グレイだ。

 このキャスティングをめぐっては、原作ファンの間で意見が割れた。ジェイミーは出演の決断を変えなかったものの、劇場で公開されたときの観客の反応には不安があるようだ。

 「広報担当者が、『大体は良い反応だ』と言っていたと思う。この映画についての意見は、良いものも悪いものも含め、色々聞いている。その本質として、格好のターゲットなんだ」とジェイミーは出演が発表された後、インターネットを避けていたことについてDetails誌に説明した。「あまり広く伝わってほしくないけど、ジョン・レノン(John Lennon)みたいにプレミア会場で熱狂的なファンに殺されるのが怖い。僕がこのキャラクターを演じることにとても怒っている人たちがたくさんいるからね。それに僕には子どもが生まれた。妻もいるし、まだ死にたくない」

 ジェイミーは妻で女優のアメリア・ワーナー(Amelia Warner)とともに幼い娘を育てている。殺されることについて考えを押し進めたジェイミーは、不安の中にユーモアを見出そうとしたようだ。

 「もし僕が本当に殺されたら、世間は『Details誌でのインタビューで自分がレッドカーペットで殺されることを予見していたなんて怖いことだ』と言うだろうね」とジェイミーが語っている。

 E.L.ジェイムズ(E.L. James)による原作で、クリスチャンは映画版ではダコタ・ジョンソン(Dakota Johnson)演じる女子大生のアナスタシア・スティールとエロチックな関係に溺れていく。ジェイミーは演じるキャラクターの力学に関し、強く引かれる自分がいたと話している。

 「どこか壊れた人たちに対する、僕の興味と理解(と関係がある)」とジェイミーはつけ加えた。「自分が傷ついた鳥だと言うつもりはないけど、若いときに母を失ったことで傷ついた大きな部分がある。だから傷ついたキャラクターに引かれるんだ」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2021.02.15(Mon)

地中海太陽の恵み「サンライズ レッドグレープフルーツ」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.02.05(Fri)

花粉肌荒れに悩んでるなら必見!"花粉肌荒れ"対策コスメ5選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.18(Mon)

年末年始の食べ過ぎをなかったことに!おすすめのリセットレシピ5選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.02.15(Mon)

地中海太陽の恵み「サンライズ レッドグレープフルーツ」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2020.06.07(Sun)

【田中みな実のボディケアが知りたい!】美肌におすすめアイテム
nanat
nanat

2019.08.22(Thu)

【CHOCOの“おいしいは正義!”】Vol.100-最終回 プリンセス気分でアフタヌーンティーを楽しむ♡ 迎賓館へ
CHOCO
CHOCO

2020.09.01(Tue)

この秋、おしゃれな足元はローファーで決まり!おすすめ商品6選
GLAM Editorial
GLAM Editorial