GLAM Editorial
GLAM Editorial

2015.01.09(Fri)

ニッキー・ミナージュ、10代で中絶した経験を振り返る

ニッキー・ミナージュ

 ラッパーのニッキー・ミナージュ(Nicki Minaj, 32)は中絶手術を受けたとき、死ぬかと思ったほど苦しい経験をしたようだ。

 ニッキーは米Rolling Stone誌最新号でトラウマを抱える人生のある時期について口を開いた。中絶を決めたときは10代だったが、今でも引きずっていると認めた。

 「死ぬかと思った。あのとき、わたしはティーンエイジャーだった。これまでに体験したことの中で一番つらいものだったわ」とニッキーが明かした。「人生のすべての面で悩まされ続けている。中絶に賛成だったと言えば矛盾になる。心の準備はできていなかった。子どもに与えられるものを、何一つ持っていなかったの」

 ニッキーはマンハッタンにある名門ラガーディア芸術高校に通っているときに妊娠に気づいた。最新アルバム『ザ・ピンクプリント』で当時の状況に触れ、世界が自分のラップの歌詞一つ一つに耳を傾けているのがつらいと認めた。

 「数百万人の人たちが聴くことになる。発言には気をつけないといけないわ。ありとあらゆることがトラブルの元になるから」とニッキーはつけ加えた。

 しかしニッキーは今も音楽に情熱を燃やし、自分と同じくらい真剣に音楽に打ち込まないアーティストには我慢ができないと認めた。また、世の女性に刺激を与えたいという気持ちをこれまで以上に新たにしたと話している。

 「『アナコンダ』などのビデオに出ているわたしは、お尻のでかい大人の女なの! 自分のことは、セクシーでダンスをしたがっている、自分なりの強い意志を持っている女の子の代表だと思っているわ」とニッキーは続けた。「お尻が大きかったらどうするかって? シェイクするのよ! 誰も気にしない。大学を卒業することと何の関係もないわ」

 刺激を与え続けるために必要なこととして、ニッキーは自分にとって最も個人的なことをさらけ出すのが最善だと考えたようだ。

 「目標の一つは、みんなに私生活を垣間見せることだった。これまで秘密にしてきたことがまさにそれだったから」とニッキーは話している。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2021.02.15(Mon)

地中海太陽の恵み「サンライズ レッドグレープフルーツ」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.02.05(Fri)

花粉肌荒れに悩んでるなら必見!"花粉肌荒れ"対策コスメ5選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.18(Mon)

年末年始の食べ過ぎをなかったことに!おすすめのリセットレシピ5選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.02.15(Mon)

地中海太陽の恵み「サンライズ レッドグレープフルーツ」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2020.08.31(Mon)

レディースにおすすめのシンプルなネックレス5選。上質で洗練されたオトナ女子のアイテム
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2019.07.17(Wed)

【女の履歴書】Vol.9 映画監督兼ファッションブランドPR穐山茉由「仕事と映画作りの両立に大切なのは“バランス感覚”」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.07.28(Tue)

ペチコートとは?下着の透けを防ぐマストアイテムでおしゃれをより快適に!
nanat
nanat