GLAM Editorial

2015.01.07(Wed)

スカーレット・ヨハンソン、ハリウッド版「攻殻機動隊」の主役に決定!

スカーレット・ヨハンソン

 女優のスカーレット・ヨハンソン(Scarlett Johansson, 30)が、ハリウッド実写版「攻殻機動隊」の主演に決定したと報じられた。

 ゴールデン・グローブ賞にもノミネートされた実力派のスカーレットは最近、『アベンジャーズ』や『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』、『LUCY/ルーシー』といったSFアクション大作に出演している。米Variety誌によると、スカーレットは再びSFジャンルに復帰し、ハリウッド版「攻殻」に主役級で出演が決まったという。

 『Ghost in the Shell(原題)』はスカーレット演じるサイボーグ刑事がサイバー犯罪者を追う姿を描く。士郎正宗による日本の同名漫画を原作とし、ルパート・サンダース(Rupert Sanders)がメガホンをとる。アヴィ・アラッド(Avi Arad)とスティーヴン・ポール(Steven Paul)がビル・ウィーラー(Bill Wheeler)の脚本をもとに製作し、マーク・スーリアン(Mark Sourian)が製作総指揮を務める。

 関係者によると、パラマウントが資金調達と共同製作に名乗りを上げる可能性があるとされ、2週間以内にはっきりした決断が下される見込みだという。

 スカーレットは『LUCY』でタイトルキャラクターを演じた。同作は特殊な薬が体内で漏れたことで脳機能が100パーセント覚醒したルーシーの活躍を描いている。

 スカーレットはここ数年、SF映画で他にも数多くの力強いキャラクターを演じてきた。『her/世界でひとつの彼女』ではAI型OSの声を務め、『アンダー・ザ・スキン 種の捕食』では男を誘惑し、補食するエイリアンを演じた。

 昨年9月、新婚の夫ロマン・ドリアック(Romain Dauriac)との第1子を出産したスカーレットは、今年も仕事で多忙を極めそうだ。現在は10月に公開されるアニメ映画『The Jungle Book(原題)』で声優を務めている上、5月に全米で公開されるマーベル映画『Avengers: Age of Ultron(原題)』ではブラック・ウィドウを再演している。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2021.06.17(Thu)

オーバーリップアートメイクで魅力的な唇を手に入れよう!|オーバーリップの注意点もあわせて解説!
GLAM Editorial

2021.06.15(Tue)

【コロナ後のデートはどう過ごす?】雨の日でも行ける都内おすすめデートスポット7選
GLAM Editorial

2021.06.12(Sat)

夏の臭いケアにおすすめ!おしゃれな制汗スプレー9選
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.05.28(Fri)

【紫外線から肌を守る!】メイクしながらUVケアができる化粧品全6選!
GLAM Editorial

2021.05.21(Fri)

【田中みな実のボディケアが知りたい!】美肌におすすめアイテム
GLAM Editorial

2021.05.18(Tue)

【UVケアできる化粧下地・コスメ特集】ブルーライトカットや日焼け止めにも!
GLAM Editorial

RECOMMEND

2020.07.01(Wed)

【夏の接触冷感&おしゃれマスクがほしい】通勤時にもおすすめ!通販もできるマスク8選
nanat

2020.10.10(Sat)

【秋の登山】かわいさと機能性のいいとこ取り!おすすめなレディースの服装9選
GLAM Editorial

2020.08.31(Mon)

レディースにおすすめのシンプルなネックレス5選。上質で洗練されたオトナ女子のアイテム
GLAM Editorial