GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2014.12.27(Sat)

グウィネス・パルトロー&クリス・マーティン、「ニューエイジ」式休暇で復縁に努力?

グウィネス・パルトロー

 米女優のグウィネス・パルトロー(Gwyneth Paltrow)と、別居中の夫で英ロックバンド、コールドプレイ(Coldplay)のクリス・マーティン(Chris Martin)が、「本格的なニューエイジ式バケーション」をすごす計画を立てているという。

 2人は3月、「意識的脱夫婦」を宣言して10年間の結婚生活にピリオドを打つと明かした。その後、クリスは米女優のジェニファー・ローレンス(Jennifer Lawrence)と、グウィネスは米人気TVシリーズ「glee/ グリー 踊る♪合唱部!?」の共同クリエイター、ブラッド・ファルチャック(Brad Falchuk)との交際がそれぞれ伝えられた。

 しかし2人とも新恋人とすでに別れ、復縁するのではないかという憶測が広まっている。子ども2人のために仲の良さを保っていることが、その最たる理由のようだ。

 ここへ来て、2人はクリスマス後にパームスプリングスにある「ウィ・ケア・スパ」を訪れ、問題の解決にのぞむと言われている。

 「クリスがジェンと別れて以来、グウィンとクリスは意識的脱夫婦宣言が正しかったのかどうか確信が持てないのではという見方が広まっている。あれから2人はお互いの関係をかなり改善していて、今では最高の親友同士だ」とある事情通が英Heat誌に語っている。「クリスはすでに、子どもたちと一緒にいる時間を増やすため、仕事の量を減らしてコールドプレイでの活動を少なくすることを決めている。離婚で悪い影響が出るかもしれないと考えていて、グウィンも同意しているらしい。そこで2人はクリスマス後に本格的なニューエイジ式休暇をとって、スピリチュアルとフィジカルの両方でデトックスをするつもりなんだ」

 グウィネスとクリスが同リゾートに向かうのはこれが初めてではない。以前訪れた際は完全に迷いを吹っ切り、エネルギーを取り戻せたこともあり、もう一度行きたい理由になっているようだ。

 「滞在中、2人はすべての最新テクノロジーに触れず、ジュースだけを飲み、不安を解放するために詠唱する」

 「訪問の目的は、日々の生活のノイズがない状況で再び絆を深めることにある。手をつないで詠唱するなんて、すごく変わっていると思うかもしれないが、2人はそれで関係が刺激されたらと思っているんだ」と事情通が語った。「2人とも今は混乱しているから、スピリチュアルなやり方で絆を深める休暇で、お互いに相手に何を求め、そして来年に何を期待しているのかを再確認したいと思っている」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

NEW 2020.11.27(Fri)

リモートワークで作業がはかどる!おしゃれな便利グッズ5選
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.11.26(Thu)

【2020年度最新版】田中みな実さんになりたい!インスタや雑誌で話題のスキンケア
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.11.25(Wed)

レディースダウンジャケット【30代に】おすすめブランド5選
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

SPECIAL

2020.11.10(Tue)

吐息も近づきそうな夜”レディのたしなみ”を口元に
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.06.10(Wed)

セルライト対策におすすめ!乾燥肌にも使える優しいボディケアオイル5選
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.06.01(Mon)

あなたの「ワキポツ」、目立ってない?ノースリーブ×つり革に自信の持てないアナタに。
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

RECOMMEND

2020.10.06(Tue)

キャンプのときの化粧はこれがあれば大丈夫!持っていきたい化粧品6選
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.11.25(Wed)

レディースダウンジャケット【30代に】おすすめブランド5選
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.07.01(Wed)

【夏の接触冷感&おしゃれマスクがほしい】通勤時にもおすすめ!通販もできるマスク8選
nanat
nanat