GLAM Editorial
GLAM Editorial

2014.12.26(Fri)

台湾出身のジャスティン・リン、新『スター・トレック』第3作の監督に決定!

ジャスティン・リン

 台湾出身でハリウッドで活躍する映画監督のジャスティン・リン(Justin Lin)が、新『スター・トレック』シリーズ第3作の監督に抜擢された。

 ジャスティンは『ワイルド・スピード』シリーズを手がけ、世界中で19億ドル(約2,282億4,700万円)の興行収入を叩き出した実績がある。

 米エンターテイメント情報サイトDeadlineによると、『Star Trek 3(原題)』の製作陣はジャスティンのこうした実績に好印象を持ち、同作の監督に白羽の矢を立てたという。当初はロバート・オーチー(Roberto Orci)が登板の予定だったが、ジャスティンと交代したようだ。ロバートはパトリック・マッケイ(Patrick McKay)と共に脚本を手がける。

 パラマウント・ピクチャーズはJ.J.エイブラムス(J.J. Abrams)監督の制作会社バッド・ロボット、またスカイダンス・プロダクションズとタッグを組み、『Star Trek 3』をプロデュースする。ロバートもJ.J.、デヴィッド・エリソン(David Ellison)らと共に製作チームに名を連ねる。

 J.J.はジーン・ロッデンベリー(Gene Roddenberry)原作のオリジナルTVシリーズ「スター・トレック」をベースとした劇場版の新『スター・トレック』シリーズで前2作の監督を務めた。その第1作『スター・トレック』は2009年に公開され、世界中で3億8,000万ドルの興行成績を記録。昨年公開された第2作『スター・トレック イントゥ・ダークネス』は4億6,000万ドルを叩き出した。同シリーズにはクリス・パイン(Chris Pine)やゾーイ・サルダナ(Zoe Saldana)、ザカリー・クイント(Zachary Quinto)、サイモン・ペッグ(Simon Pegg)といったトップスターらが出演した。『Star Trek 3』は2016年の公開が予定されている。

 一方のジャスティンは作品が目白押しで、今年に入ってからは『ジェイソン・ボーン』シリーズの新作を手がけると発表された。同作ではマット・デイモン(Matt Damon)が主演するとみられている。

 また、2017年公開予定のホラー映画『The Wolf Man(原題)』のプリプロダクションにも入っている。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2021.02.15(Mon)

地中海太陽の恵み「サンライズ レッドグレープフルーツ」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.02.05(Fri)

花粉肌荒れに悩んでるなら必見!"花粉肌荒れ"対策コスメ5選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.18(Mon)

年末年始の食べ過ぎをなかったことに!おすすめのリセットレシピ5選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.02.15(Mon)

地中海太陽の恵み「サンライズ レッドグレープフルーツ」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2020.07.06(Mon)

【コロナ後のデートはどう過ごす?】雨の日でも行ける都内おすすめデートスポット7選
nanat
nanat

2020.07.01(Wed)

【夏の接触冷感&おしゃれマスクがほしい】通勤時にもおすすめ!通販もできるマスク8選
nanat
nanat

2020.06.30(Tue)

【2020年最新版】接触冷感素材がトレンド!おすすめの接触冷感アイテム12選
nanat
nanat