GLAM Editorial

2014.12.18(Thu)

オシャレ上級者のイネス・ド・ラ・フレサンジュ、パーティーに着て行く服のチョイスには自信なし?!

イネス・ド・ラ・フレサンジュ

モデル出身で現在はデザイナーとして活躍しているイネス・ド・ラ・フレサンジュ(Inès de La Fressange, 57)が、パーティーに着て行く服のチョイスにいまだに自信が持てないと告白した。80年代にシャネル(Chanel)と専属契約を結んだイネスは、同ブランドのクリエイティブ・ディレクターを務めるカール・ラガーフェルド(Karl Lagerfeld)のミューズとして知られる存在だった。さりげないのにオシャレ度の高いイネスのファッションは多くの女性から支持され、ユニクロ(Uniqlo)とのコラボレーション・ラインも大きな注目を集めている。抜群のファッション・センスの持ち主として知られているイネスだが、パーティーに出かける前は何を着て行けばいいのか毎回のように悩んでしまうのだという。

「フランスの女性たちはファッションのことで悩んだりしないと思われているけれど、そんなこと絶対にないわ!私は着替えにすごく時間がかかるタイプなのよ。まずは、イマジネーションに従って、何か着てみるの。スカートとかドレス、スーツの時もあるわ。それから鏡を見ると、着ている物が気に入らなくて自分のことがイヤになってしまうのよね。だから、結局ブルー・ジーンズとセーターに着替えてしまうの。それなら似合うってことがわかっているから」と、イネスはelle.comのインタビューで笑いながら明かしている。「不安だから、私は着替えの服をバッグに入れてパーティーに出かけることにしているわ。着て行った服のチョイスを間違えていて、着替えが必要になったらどうしよう?って思っちゃうのよね」。

服選びに悩むことが多いイネスだが、それを苦にしているわけではないようだ。イネスによると、好印象を与えることを狙ってパーティーに着て行く服を選んだ人より、チョイスを間違えてしまった人のほうが印象に残ることもあるという。服のチョイスはさておき、イネスは靴にだけは強いこだわりがあるという。「私はエレガントなものが好きなの。靴には特にエレガンスが必要だと私は思っているわ。流行のデザインは履きこなすのが難しいし、靴のデザインはミニマルなほうがいいものなのよ。どこにでも履いて行くことができて見栄えもよく、美しいことが靴の条件ね」と、イネスは説明している。「(シューズ・デザイナーの)ブルーノ・フリゾーニ(Bruno Frisoni)は仕事がとても緻密だから、彼が手がける靴は美しくてエレガントなのよ。彼ってマニアックな人なのよね」。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

NEW 2021.06.15(Tue)

【コロナ後のデートはどう過ごす?】雨の日でも行ける都内おすすめデートスポット7選
GLAM Editorial

2021.06.12(Sat)

夏の臭いケアにおすすめ!おしゃれな制汗スプレー9選
GLAM Editorial

2021.06.11(Fri)

ニップルアートメイクとは?|どのような方におすすめなのかも合わせて解説
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.05.28(Fri)

【紫外線から肌を守る!】メイクしながらUVケアができる化粧品全6選!
GLAM Editorial

2021.05.21(Fri)

【田中みな実のボディケアが知りたい!】美肌におすすめアイテム
GLAM Editorial

2021.05.18(Tue)

【UVケアできる化粧下地・コスメ特集】ブルーライトカットや日焼け止めにも!
GLAM Editorial

RECOMMEND

2020.09.08(Tue)

カーディガンがかわいい秋コーデおすすめ8選。大人カジュアルで街を歩こう
GLAM Editorial

2020.06.30(Tue)

【2020年最新版】接触冷感素材がトレンド!おすすめの接触冷感アイテム12選
nanat

2021.05.15(Sat)

セルライト対策におすすめ!乾燥肌にも使える優しいボディケアオイル5選
GLAM Editorial