GLAM Editorial
GLAM Editorial

2014.12.09(Tue)

キム・カーダシアン、ジェニファー・アニストンの美容チームをごっそり引き抜き!?

ジェニファー・アニストン

 女優のジェニファー・アニストン(Jennifer Aniston, 45)が、お気に入りのヘアスタイリストなどビューティーチームをごっそり引き抜いたキム・カーダシアン(Kim Kardashian, 34)にうんざりしているらしい。

 リアリティ番組で人気者となったキムはジェニファーに夢中になるあまり、彼女と仕事をしている美容関係のプロの多くをリクルートしているようだ。

 「キムはジェンのヘアスタイリスト、演技コーチ、それに皮膚科医を横取りした。きっかけは、キムがジェンの皮膚科医を務めるハロルド・ランサー(Dr Harold Lancer)医師やフェイシャリストのミラ・モーシ(Mila Moursi)を使い始めてからのことだわ」とある事情通が英Grazia誌に語っている。「それから結婚式の数週間前に、キムはジェニファーのヘアスタイリストを長く手がけていたクリス・マクミラン(Chris McMillan)を引き抜いて、1回に何日もブッキングするようになった。つまり、ジェニファーは彼を予約することができなくなったというわけ。さらに追い打ちをかけたのが、キムがクリスのスタイリングをInstagramで公開していることね」

 ジェニファーはこうしたことでイライラさせられているようだが、2人の間で一番緊張が高まった原因は、キムが女優に転身する意思を見せていることらしい。

 「ジェンが我慢の限界を感じたのは、キムが彼女の演技コーチをしていたジミー・ダーモディ(Jimmy Darmody)のレッスンを受けていると知ったときだった。ジェンはスタッフを誰かと共有することに慣れていなくて、ましてキムの要求のせいで時間のやりくりをしなければならないのは言うまでもない」と事情通がつけ加えた。

 ジェニファーは年齢よりはるかに若く見えることでも知られる。自慢の輝くような肌の色と均整のとれたボディをキープするためなら、どんな手間も惜しまない。

 キムがジェニファーを見習っていると伝えられたことも、ジェニファーにはあまり良く受け止められていないようだ。

 「キムは何年も前からジェニファーにあこがれていた。ジェニファーも最初は悪い気がしていなかったけど、ここ数ヶ月でキムは彼女の神経を逆なでする行動を繰り返してきた。ジェンはキムが自分のチームに美容の秘けつを探ったり、ジェンが信頼を置いている350ドル(約4万3,000円)の美容液など、同じ商品を使ってほしいとフェイシャリストに頼み込んだりしているとも聞いている」

 「このすべての原因となっているのは、キムのジェニファーに受け入れてほしいという願い。オスカー授賞式に招待してもらったり、もっと女優として活躍したりしたいと思っているわ」と事情通が説明した。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2021.02.15(Mon)

地中海太陽の恵み「サンライズ レッドグレープフルーツ」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.02.05(Fri)

花粉肌荒れに悩んでるなら必見!"花粉肌荒れ"対策コスメ5選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.18(Mon)

年末年始の食べ過ぎをなかったことに!おすすめのリセットレシピ5選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.02.15(Mon)

地中海太陽の恵み「サンライズ レッドグレープフルーツ」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2020.11.26(Thu)

【2021年度最新版】田中みな実さんになりたい!インスタや雑誌で話題のスキンケア
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.10.12(Mon)

ゆったり癒される♪都内のおしゃれな温泉スポット7選!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.07.05(Sun)

【2020年最新版】暑い夏もひんやり過ごしたい!快適夏グッズ 7選
nanat
nanat