GLAM Editorial

2014.12.09(Tue)

オーランド・ブルーム、もっと汚れ役をやりたいと役者魂を吐露!

オーランド・ブルーム

 英俳優のオーランド・ブルーム(Orlando Bloom)は、「クリーンで厳格」ではなく、「下品で汚い」役者として知られたいと思っている。

 オーランドは『ロード・オブ・ザ・リング』三部作やその外伝にあたる『ホビット』シリーズで演じた長髪のエルフ、レゴラス役で有名だが、『ホビット 決戦のゆくえ』の公開をもってレゴラスとしての冒険も終わりを迎える。長きに渡って演じたキャラクターに別れを告げるのは残念な一方、オーランドは将来待ち受けていることにテンションが上がっているという。

 「振り返ってみると、すばらしいチャンスを与えられたと思うよ。もちろんレゴラスは衣装を着るだけでも良いキャラクターだし、彼を演じて最高の時間をすごすことができた。でも人生の次の章を楽しみにしているし、違ったことをしてみたいんだ。薄汚いキャラや、もっと汚れ役をね」とオーランドは英BBC Radio 1の「Breakfast Show」でニック・グリムショー(Nick Grimshaw)に語った。「下品で汚い、ちょっと攻撃的な役になって、まったく違った自分を見せたいんだ。みんな僕のことをクリーンで厳格な性格だと思っているだろう? 自分を見つめて『何かがどこかに詰まっているぞ』と思うことがある。レゴラスとしてね。それはエルフだけなのかと自分に問いかけるんだ。僕はもっと自分をさらけ出したい」

 オーランドが楽しみにしていることの1つは、別居中の妻ミランダ・カー(Miranda Kerr)との間に生まれた息子フリン(Flynn)君が順番通りにシリーズを観て、父親が「少しふくれっ面をしながら髪をなびかせ、相手をやっつける」姿を見せてやることだ。

 オーランドは『ホビット』で共演した仲間たちとランチホールで交流したり、ビリー・コノリー(Billy Connolly)がドワーフのダインの衣装のままでジョークを飛ばすのを聞いたりすることがなくなって寂しいと感じている。オーランドを世界的なスターに押し上げた作品は、他にも『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズがあり、同作ではトップスターとの共演も経験できた。_しかし撮影中、ウィル・ターナーとしての自信をすぐに持つことはできなかったようだ。

 「ジェフリー・ラッシュ(Geoffrey Rush)やジョニー・デップ(Johnny Depp)とセットで会ったときのことは忘れられないよ。僕の中では、彼らはひたいにタトゥーで自由と彫っているような存在なんだ」とオーランドが振り返った。「あの2人にできないことはない。僕はといえば、気を引き締めてセットに入り、恋人をゲットして優等生ぶりを見せるというわけだ」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2021.06.11(Fri)

夏の臭いケアにおすすめ!おしゃれな制汗スプレー9選
GLAM Editorial

2021.06.11(Fri)

ニップルアートメイクとは?|どのような方におすすめなのかも合わせて解説
GLAM Editorial

2021.06.08(Tue)

アートメイクをするならアートメイクギャラリーを選ぶべき5つの理由
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.05.28(Fri)

【紫外線から肌を守る!】メイクしながらUVケアができる化粧品全6選!
GLAM Editorial

2021.05.21(Fri)

【田中みな実のボディケアが知りたい!】美肌におすすめアイテム
GLAM Editorial

2021.05.18(Tue)

【UVケアできる化粧下地・コスメ特集】ブルーライトカットや日焼け止めにも!
GLAM Editorial

RECOMMEND

2021.06.07(Mon)

こんな時だからこそ取り入れたい!女性向けサブスクサービス全10種類
GLAM Editorial

2020.07.28(Tue)

ペチコートとは?下着の透けを防ぐマストアイテムでおしゃれをより快適に!
nanat

2020.09.01(Tue)

この秋、おしゃれな足元はローファーで決まり!おすすめ商品6選
GLAM Editorial