GLAM Editorial
GLAM Editorial

2014.12.07(Sun)

アジーリア・バンクス、同じくラップ歌手のイギー・アゼリアを批判!

アジーリア・バンクス

 女性ラッパーのアジーリア・バンクス(Azealia Banks)が、同じくラップ歌手のイギー・アゼリア(Iggy Azalea, 24)をネット上で批判し、2人の間で緊張が高まっている。

 アジーリアとイギーは今の音楽シーンで最も人気の歌手に数えられ、イギーが「ファンシー」や「ブーティ」といったヒット曲を連発する一方、アジーリアは当初2012年にリリースが予定されていたデビューアルバム『Broke with Expensive Taste』をつい最近、サプライズリリースした。

 しかしアジーリアとイギーの仲は決して良いものではないようだ。

 「イグルー・オーストラリアみたいな人が、こうしたことが起きると_何も語らないのを見ると笑える…。ブラックカルチャーはクールでも、黒人の問題はそうじゃないというわけね?」とアジーリアはツイートした。米ミズーリ州ファーガソンで8月9日に警官に射殺されたティーンエイジャーのマイケル・ブラウン(Michael Brown)さんや、7月に逮捕された際に首を絞められて窒息死した、同じくアフリカ系アメリカ人のエリック・ガーナー(Eric Garner)さんについて触れたとみられている。

 「もしラップするつもりなら、ビ*チ、最後まで付き合うんだね」

 「ただブラックディ*クを味わってるだけじゃダメ…もしラップをするならね!!!!」

 イギーはヒップホップに加え、米NBAバスケットボール選手のニック・ヤング(Nick Young)と交際していることでも知られる。

 しかしイギーも言われっぱなしではなく、すぐに反撃に出た。

 「今日、リハーサルしている間に何だか大騒ぎが起きてるわね」

 「変化を起こすなら、ソーシャルメディアを荒らすより、もっとできることはある。世界の問題を、ファンの間でバトルをけしかけるくだらない言い訳に使うべきじゃない」とイギーは怒りをにじませた。

 イギーがセレブを相手にバトルを繰り広げたのはこれが初めてではない。エミネム(Eminem)やスヌープ・ドッグ(Snoop Dogg)らもイギーを怒らせたことがある。

 しかしイギーはその後も自分の主張を曲げようとしなかった。

 「何かが不公平だと感じたら、政府を動かす努力をすべき。Twitterのフォロワーだけじゃなくてね…」

 「それに他人の応援や、あるいは『孤立無縁』を、Twitterでわめいたという理由だけで批判するのはやめるべき。正しいことじゃないし、何の役にも立たないわ」とイギーはつけ加えた。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2021.02.15(Mon)

地中海太陽の恵み「サンライズ レッドグレープフルーツ」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.02.05(Fri)

花粉肌荒れに悩んでるなら必見!"花粉肌荒れ"対策コスメ5選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.18(Mon)

年末年始の食べ過ぎをなかったことに!おすすめのリセットレシピ5選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.02.15(Mon)

地中海太陽の恵み「サンライズ レッドグレープフルーツ」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2020.09.02(Wed)

オーガニックハンドクリームおすすめ6選!美しい手をキープしよう
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.06.30(Tue)

【2020年最新版】接触冷感素材がトレンド!おすすめの接触冷感アイテム12選
nanat
nanat

2020.07.06(Mon)

【コロナ後のデートはどう過ごす?】雨の日でも行ける都内おすすめデートスポット7選
nanat
nanat