GLAM Editorial
GLAM Editorial

2014.12.03(Wed)

5週間のヴィーガン生活に挑戦したジェニファー・ロペス、スリムになって自分史上最高のボディに!

ジェニファー・ロペス

女性ラッパーのイギー・アゼリア(Iggy Azelea)をフィーチャーしたヒット曲「Booty」でゴージャスなボディを惜しげもなく披露した米歌手ジェニファー・ロペス(Jennifer Lopez, 45)が、サイズダウンを目指してヴィーガン・ダイエットに挑戦していたことが明らかになった。ジェニファーはカリスマ・トレーナーとして知られるマルコ・ボルヘス(Marco Borges)が考案した5週間のヴィーガン・ダイエットのおかげで大幅な減量に成功。動物性の食品を一切口にしないヴィーガン(純粋菜食)を試すことに不安を感じる人も多いが、ジェニファーはこの食事法の効果を絶賛している。

「ヴィーガンとかベジタリアンとかいう言葉を聞くと、みんなすごく怖がるのよね。でも私はこの食事法を始めてすぐに10ポンド(約4.5kg)ぐらい体重が減ったから、感激しちゃったわ」とジェニファーはExtra誌のインタビューで話している。

米Us Weekly誌のインタビューでもダイエットについて語っているジェニファーは、自分史上最高のボディを目指して減量に励んだと告白。努力の甲斐あって、ジェニファーの洋服のサイズは4号(日本のSサイズ)から2号(同XSサイズ)にダウンしたという。

ヴィーガン・ダイエット中のジェニファーは、朝はバナナとブルーベリーをトッピングしてアーモンド・ミルクをかけた雑穀のシリアル、ランチには赤トウガラシを添えたケールのサラダ、そしてディナーにはヴィーガン・チーズとトマトを添えたズッキーニのパスタを食べていた。食事を純粋菜食に切り替えただけではなくワークアウトも強化したジェニファーだが、実はジム通いが好きではないという。リハーサルで6時間も踊り続けることがあるジェニファーにとって、ダンスはワークアウト代わりになっているようだ。「自分のことをちゃんとケアしていてスリムな時のほうが、気分がいいのよね。人に愛されたかったら、まずは自分のことをケアしてあげたほうがいいわよ」と、ジェニファーは笑顔で話している。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2021.02.15(Mon)

地中海太陽の恵み「サンライズ レッドグレープフルーツ」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.02.05(Fri)

花粉肌荒れに悩んでるなら必見!"花粉肌荒れ"対策コスメ5選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.18(Mon)

年末年始の食べ過ぎをなかったことに!おすすめのリセットレシピ5選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.02.15(Mon)

地中海太陽の恵み「サンライズ レッドグレープフルーツ」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2020.11.27(Fri)

リモートワークで作業がはかどる!おしゃれな便利グッズ5選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.08.31(Mon)

レディースにおすすめのシンプルなネックレス5選。上質で洗練されたオトナ女子のアイテム
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.05.16(Sat)

室内でも日焼けするって本当?おすすめの日焼け止めサプリ10選
nanat
nanat