GLAM Editorial
GLAM Editorial

2014.11.27(Thu)

アリアナ・グランデ、たび重なるディーバ報道は気にしないとゴシップメディアを見返す!

アリアナ・グランデ

 米人気歌手のアリアナ・グランデ(Ariana Grande, 21)は、撮影の際は顔の左側からだけと指定するなど、数々のわがままな振る舞いが報じられ、非難の的にされてきた。

 アリアナはこうしたコメントで傷ついたと詳しく語ってきたが、うわさを気にして時間をムダにするのはもうやめたと宣言した。

 「あくまで自分の人生だし、何に注意を向けるのかを決めるのは自分。今はたくさんの愛情とステキな出来事に囲まれている。そうしたことを祝福していないとしたら、それは時間のムダだし、(幸運を)当然のことだと考えてしまう。うわさを気にするより、ポジティブなことに集中したい」とアリアナは英Now誌に笑顔で語った。

 ゴシップの標的にされながらも、アリアナは先週末にあったアメリカン・ミュージック・アワード授賞式で拍手喝采のパフォーマンスを披露。自身のヒット曲「プロブレム」、「ブレイク・フリー」、「ラヴ・ミー・ハーダー」のマッシュアップを歌ったほか、ニッキー・ミナージュ(Nicki Minaj)、ジェシー・J(Jessie J)と一緒にコラボ曲「バン・バン」も熱唱した。

 アリアナは熱狂的なファンに支えられているが、誰からも称賛されているわけでもない。

 大物歌手のベット・ミドラー(Bette Midler)は先日、アリアナのミュージックビデオと声がセクシーすぎることに苦言を呈した。

 「みっともない! アリアナ・グランデみたいにあきれるような高い声をした歌手が、カウチでバカみたいにクネクネのたうち回っているのを見ると、本当にびっくり。信じられないくらいバカげているし、誰に言われてそんなことをしているのか分からない。やめてほしいわ」とベットは英The Telegraph紙で語った。「でも私の知ったことじゃないし、私は母親でもない。売れるためにやるように言われているのかもしれない。セックスは売り物になる。これまでもそうだった」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2021.02.15(Mon)

地中海太陽の恵み「サンライズ レッドグレープフルーツ」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.02.05(Fri)

花粉肌荒れに悩んでるなら必見!"花粉肌荒れ"対策コスメ5選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.18(Mon)

年末年始の食べ過ぎをなかったことに!おすすめのリセットレシピ5選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.02.15(Mon)

地中海太陽の恵み「サンライズ レッドグレープフルーツ」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2020.09.08(Tue)

カーディガンがかわいい秋コーデおすすめ8選。大人カジュアルで街を歩こう
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2019.08.22(Thu)

【CHOCOの“おいしいは正義!”】Vol.100-最終回 プリンセス気分でアフタヌーンティーを楽しむ♡ 迎賓館へ
CHOCO
CHOCO

2020.05.05(Tue)

【2020年最新版】人気のトレンド水着コレクションをチェック!
GLAM Editorial
GLAM Editorial