GLAM Editorial
GLAM Editorial

2014.11.17(Mon)

ヒップホップ界の歌姫ファーギー、「人生で最もイタい」瞬間はステージ上でのおもらしだと告白!

ファーギー

 米人気ヒップホップグループ、ブラック・アイド・ピーズ(Black Eyed Peas, BEP)で活躍していたヒップホップ歌手のファーギー(Fergie, 39)が、人生で最も恥ずかしかった瞬間を振り返った。

 その美貌でも知られるファーギーは2005年、BEPのライブ中に恥ずかしいハプニングに見舞われた。直前にトイレに行く時間がなかった彼女は、パフォーマンス中に股間のあたりが濡れて見えることに気づき、大恥をかいたという。

 「人生で最もイタい瞬間だったわ」とファーギーは米ラジオ局「Hot 97」とのインタビューで身をすくめ、当時を振り返った。「いつも起こるってわけじゃないけど」

 「フリーウェイを通ってきたけど、金曜日の渋滞でステージに_遅れていたの。ステージに着いたら、すぐにスタートしなくちゃいけなかった。急いでステージに上がって『Let's Get It Started』を始めた。ハイになって飛び跳ねたり、ステージを駆け回ったりしているうちに、アドレナリンで興奮してしまった」

 「起こってほしくなかった…すごく恥ずかしかったわ!」

 しかし今のファーギーにとっては、そんなハプニングは取るに足らないことなのかもしれない。現在は夫で俳優のジョシュ・デュアメル(Josh Duhamel)との間に生まれたアクセル(Axl)君の子育てをしながら、ソロアルバムにも打ち込んでいる。セカンドアルバムは2015年にリリース予定で、ラッパーのニッキー・ミナージュ(Nicki Minaj)とのコラボ曲も収録されている。しかしファーギーは_他の女性アーティストに脅威を感じることはないと主張している。

 「健康的な競争で、何も悪いことじゃないわ」と彼女が笑顔を見せた。「ごく普通のことよ。誰かとイチャイチャするようなもので、ごく普通の人間のすることだわ」

 ファーギーは12日、エメリー賞授賞式に出席し、賞を贈られた。毎年恒例の同授賞式は若者とその性的アイデンティティーを支援する_ために寄付を募る目的で開催されている。

 バイセクシャルを公言しているファーギーは、高級レストラン「シプリアーニ」ウォールストリート店であった授賞式にケリー・オズボーン(Kelly Osbourne)の紹介で登場し、ゲイとレズビアンの若者を代弁する活動を評価された。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

NEW 2021.01.18(Mon)

年末年始の食べ過ぎをなかったことに!おすすめのリセットレシピ5選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

すぐにでも生活に取り入れられる!サステナブルな暮らしアイテム15選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.11.10(Tue)

吐息も近づきそうな夜”レディのたしなみ”を口元に
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2019.12.16(Mon)

30代女性×レビュー高評価×プチ贅沢価格で厳選! 東京ご褒美レストラン10
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.05.24(Sun)

デスク周りをおしゃれに快適にしたい!女子におすすめグッズ9選
nanat
nanat

2020.08.29(Sat)

女性の憧れミランダカーがプロデュースする化粧品5選!おすすめはどれ?
GLAM Editorial
GLAM Editorial