GLAM Editorial
GLAM Editorial

2014.11.12(Wed)

ボブ・ゲルドフ、エボラ救済のため「バンド・エイド30」を始動!

ボブ・ゲルドフ

 アイルランド出身の歌手で慈善活動家のボブ・ゲルドフ(Sir Bob Geldof)とスコットランド出身の歌手ミッジ・ユーロ(Midge Ure)が10日に記者会見を開き、チャリティープロジェクト「バンド・エイド30」の詳細を発表した。ボブはこの企画が今年最大のトップシークレットだとジョークを飛ばした。

 誰が参加するのかをめぐって盛んに憶測が流れているが、ボブはいくつかの名前を明らかにしている。

 英人気ボーイズバンド、ワン・ダイレクション(One Direction)のハリー・スタイルズ(Harry Styles)、ルイ・トムリンソン(Louis Tomlinson)、ゼイン・マリク(Zayn Malik)、リアム・ペイン(Liam Payne)、ナイル・ホーラン(Niall Horan)らがマイクをとるほか、アデル(Adele)も参加する。アデルは2年前に息子のアンジェロ(Angelo)君を出産して以来、新曲をリリースしていないだけに、参加が決定したことはファンにとって朗報だ。

 1984年にバンド・エイドが発表したオリジナルの「Do They Know It’s Christmas?」の最新バージョンを歌うチームには、他にもエド・シーラン(Ed Sheeran)やU2、コールドプレイ(Coldplay)、エリー・ゴールディング(Ellie Goulding)、エミリー・サンデー(Emeli Sandé)、パロマ・フェイス(Paloma Faith)、サム・スミス(Sam Smith)らも参加する。

 ボブとミッジは当時のトップミュージシャンを結集して作ったオリジナル曲を1984年にリリース。スパンダー・バレエ(Spandau Ballet)、フィル・コリンズ(Phil Collins)、デュラン・デュラン(Duran Duran)、スティング(Sting)、カルチャー・クラブ(Culture Club)といったそうそうたる顔ぶれがコラボし、その収益は1983年から1985年にエチオピアを襲った飢饉で苦しむ人々に贈られた。

 今回はエボラ出血熱の対策を支援する寄付を募ることが目的で、歌詞もそれを反映するために変えられた。ミッジの説明によると、今の時代によりフィットしたモダンなフィーリングがあり、ボブは新バージョンが「ノスタルジー」とは何の関係もなく、人々を助けることが全てだと力説した。

 レコーディングは12月15日に始まり、コールドプレイのクリス・マーティン(Chris Martin)のファンサイトはすでに支援を訴えている。「シングルは12月15日にレコーディングされる。みんなで買ってクリスマスのナンバーワンヒットになるようにしてほしい。(オーディション番組)『Xファクター』じゃなく!」と同サイトはTwitterで発信した。

 しかし、レコーディングは今月15日にあり、17日にシングルがリリースされると伝えるメディアもある。アメリカのトップスターとヨーロッパの歌手による異なる2バージョンもリリースされるようだ。

 オリジナル曲は800万ポンド(約14億5,400万円)を集め、2004には新バージョンも制作された。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2021.01.18(Mon)

年末年始の食べ過ぎをなかったことに!おすすめのリセットレシピ5選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

すぐにでも生活に取り入れられる!サステナブルな暮らしアイテム15選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.11.10(Tue)

吐息も近づきそうな夜”レディのたしなみ”を口元に
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.07.06(Mon)

【コロナ後のデートはどう過ごす?】雨の日でも行ける都内おすすめデートスポット7選
nanat
nanat

2020.05.05(Tue)

【2020年最新版】人気のトレンド水着コレクションをチェック!
GLAM Editorial
GLAM Editorial