GLAM Editorial
GLAM Editorial

2014.10.27(Mon)

ラップ歌手イギー・アゼリア、カントリー歌手テイラー・スウィフトとの異色コラボを熱望!

イギー・アゼリア

 豪ラッパーのイギー・アゼリア(Iggy Azalea)が、米カントリー歌手のテイラー・スウィフト(Taylor Swift)とのコラボを熱望している。

 イギーはアリアナ・グランデ(Ariana Grande)とコラボした「プロブレム」や、リタ・オラ(Rita Ora)をフィーチャリングした「ブラック・ウィドウ」、ジェニファー・ロペス(Jennifer Lopez)も参加した「Booty」でチャートのトップを獲得してきた。

 ここへ来て彼女は、カントリー歌手でありながらポップ界の若きディーバとしても君臨するテイラーと次のコラボ曲でコラボしたいと考えているようだ。イギーはMTV主催の音楽授賞式「MTV Video Music Awards」の会場のエレベーターでテイラーと鉢合わせしたことがあり、「超イケてる」と絶賛していると米情報番組 「Entertainment Tonight」が伝えた。

 テイラーはコラボの可能性については自分の意見を明らかにしていないが、最新アルバム『1989』ではポップアーティストとして公式デビューを果たし、キャリアの大転換に挑戦。彼女は先週、レコードレーベルの幹部らにカントリー歌手として活躍してきた自分がポップ歌手に転身するのは正しい決断だと説得するのに苦労したと告白している。

 「レコードレーベルの全員、特にある人たちにアピールしなきゃいけなかったの。キャンペーンを展開して、みんなを味方にする必要があった」と彼女は英The Sun紙で明かしている。

 「このクリエイティブな決断は正しく、芸術的にもこのアルバムをそのままの形で勇敢に研ぎすます以外、選択の余地はないことを示したわ」

 「ナッシュビルのレコードレーベル社長を説得して、これが正しいと思わせなきゃいけなかった。アルバムを社長にプレゼンしたら、『すばらしい、君の最高の作品だが、カントリーを2曲入れられるかい?』と言われたの」

 テイラーは拒否したが、その粘りはやがて報われ、幹部らは仕上がりにとても満足しているという。

 「『シェイク・イット・オフ』でまず『ホット100』の1位を獲得したから、社長は飛び上がって喜んでいたわ」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

NEW 2021.04.13(Tue)

デザインと機能性を両立!普段履きできるおしゃれなレディースランニングシューズ6選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.04.09(Fri)

環境も変わる新年度…自分の“隠れ我慢”タイプを知ってストレスフリーに!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.03.31(Wed)

こんな時だからこそ取り入れたい!女性向けサブスクサービス全10種類
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.02.15(Mon)

地中海太陽の恵み「サンライズ レッドグレープフルーツ」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2020.05.05(Tue)

【2020年最新版】人気のトレンド水着コレクションをチェック!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.08.31(Mon)

レディースにおすすめのシンプルなネックレス5選。上質で洗練されたオトナ女子のアイテム
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2019.12.10(Tue)

クリスマスやお正月のホームパーティーにいかが? 映えるケータリング&おせち4選
GLAM Editorial
GLAM Editorial