GLAM Editorial
GLAM Editorial

2014.10.24(Fri)

『ブライズメイズ』のクリステン・ウィグ、元カレと復縁?

クリステン・ウィグ

 『ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン』などで知られる米コメディ女優のクリステン・ウィグ(Kristen Wiig, 41)が、元カレと「明らかにデート」しているらしい。

 クリステンは2013年7月に別れるまでの18ヶ月間、米ロックバンド、ザ・ストロークス(The Strokes)のドラマー、ファブリジオ・モレッティ(Fabrizio Moretti, 34)と付き合っていた。

 米The New York Post紙の付録雑誌「Page Six」によると、クリステンとファブリジオはよりを戻したらしく、21日にニューヨーク市内のレストラン「ロカンダ・ヴェルデ」で食事する姿を目撃されたという。

 「明らかにデートだった」とある目撃者が語っている。

 しかし復縁のうわさには何も根拠がないと見る向きもある。そもそも破局は円満なもので、その後も仲が良いからだ。

 「2人は友だち同士よ」と別の事情通が同誌に語っている。

 クリステンとファブリジオは2011年12月、米ロックデュオ、ザ・ブラック・キーズ(The Black Keys)のコンサート会場でキスをする姿を目撃され、交際のうわさが流れた。しかし連日派手なパーティーに繰り出す生活のせいで関係は悪化したという。

 「2人とも悪かった。クリステンとファブリジオはお互いにパーティー好きで、結局はそれが破局の原因だった」と別の事情通は以前、米Star誌で明かしている。

 最近のクリステンは仕事で絶好調だ。かつて米人気深夜バラエティ番組「サタデー・ナイト・ライブ」に出演していた彼女は、『ブライズメイズ』の脚本も手がけたアニー・マモロー(Annie Mumolo)と再びタッグを組み、トライスターがかつて企画していたオリジナルのコメディ映画に着手したと米The New York Times紙が伝えている。

 また、今後2年間で『Nasty Baby(原題)』や『The Diary of a Teenage Girl(原題)』、『Loomis Fargo(原題)』、『The Heart(原題)』、『The Martian(原題)』など5作品への出演も決まっている。

 最新作はコメディドラマ『The Heyday of the Insensitive Bastards(原題)』だ。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2021.01.18(Mon)

年末年始の食べ過ぎをなかったことに!おすすめのリセットレシピ5選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

すぐにでも生活に取り入れられる!サステナブルな暮らしアイテム15選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.11.10(Tue)

吐息も近づきそうな夜”レディのたしなみ”を口元に
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2019.12.10(Tue)

クリスマスやお正月のホームパーティーにいかが? 映えるケータリング&おせち4選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.04.01(Wed)

“メイク崩れはスキンケアで 予防するのが正解。”映える美肌つくりませんか?
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.10.12(Mon)

ゆったり癒される♪都内のおしゃれな温泉スポット7選!
GLAM Editorial
GLAM Editorial