GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2017.04.01(Sat)

ブリー・ラーソン、キャプテン・マーベルは「女性にとって力のシンボル」と意気込みを語る

 『ルーム』でアカデミー賞(R)主演女優賞を獲得したブリー・ラーソン(Brie Larson, 27)は、マーベル・コミックのヒロイン、キャプテン・マーベルを演じることで女性が演じる役柄の制約を「打破」する責任を感じている。

 ブリーはマーベル作品で初となる、女性が主役の映画『Captain Marvel(原題)』で主役を務めるが、2019年に公開予定ということ以外、詳細は明かされていない。

 ブリーはかねてからパワフルなキャラクターを演じたいという願望を公言しており、世の女性たちに刺激を与えるという観点から、キャプテン・マーベルをしっかり演じなければならないと考えている。

 「重い責任を感じるわ」とブリーは英The Sunday Times紙で語っている。「思春期の私が持っていればどんなに良かったかと思う、女性のための力とユーモアのシンボルにしたい。とても価値のあるものだと思う。女性はガラスの天井を突き破る必要がある。女性は男性が主役の映画を、男性は女性が主役の映画を観に行くものだわ。そういう意味で私たちはおあいこなの」

 ブリーのキャリアが花開いたのはオスカーを受賞した2015年の『ルーム』がきっかけで、去年までは仕事面で精彩を欠いていたと認めている。彼女は現在公開中の『キングコング:髑髏島の巨神』のほか、日本でも今月29日に公開される『フリー・ファイヤー』など、今年に入ってから2本も新作が公開された。また他にも進行中の企画が控えており、『Unicorn Store(原題)』では監督デビューも飾る。

 「今はチャンスが増えたけれど、オスカーの前は一進一退を繰り返していたわ」とブリーは振り返った。「出演は1年に1回だけで、他の時間は1日に3回もオーディションを受けるために街中を車で駆け回って、違うキャラクターを演じるためにトイレで着替えていたわ」

 ブリーは『フリー・ファイヤー』で紅一点キャラを演じ、キリアン・マーフィ(Cillian Murphy)やアーミー・ハマー(Armie Hammer)、サム・ライリー(Sam Riley)らと共演している。しかしブリーは激しい銃撃戦が繰り広げられる同作で「囚われの姫」を演じるのではなく、ひそかに策略を持っているという。

 「 男性キャラクターはひたすらお互いに怒鳴り合っているの」とブリーは笑顔で語った。「私が演じるジャスティンはもう少し静かで、物知りで、最後まであきらめない。それは面白いコンセプトだわ」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

NEW 2020.12.02(Wed)

みんな使い始めてる『ヒト幹細胞コスメ』、何がおすすめ?
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

NEW 2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.11.27(Fri)

リモートワークで作業がはかどる!おしゃれな便利グッズ5選
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

SPECIAL

NEW 2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.11.10(Tue)

吐息も近づきそうな夜”レディのたしなみ”を口元に
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.06.10(Wed)

セルライト対策におすすめ!乾燥肌にも使える優しいボディケアオイル5選
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

RECOMMEND

2020.09.06(Sun)

リラックスできるアロマオイルおすすめ6選!一日の疲れを癒そう
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2019.12.16(Mon)

30代女性×レビュー高評価×プチ贅沢価格で厳選! 東京ご褒美レストラン10
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.10.17(Sat)

デザインと機能性を両立!普段履きできるおしゃれなレディースランニングシューズ6選
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team