GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2017.03.23(Thu)

ビーナス・ウィリアムズ、自身のファッションブランド「EleVen」のメンズ進出も視野に!

グランドスラム(4大大会)女子シングルス優勝7回などの輝かしい記録を持つ米プロテニス選手ビーナス・ウィリアムズ(Venus Williams、36)は、2007年にスタイリッシュなアクティブウェアを提供する自身のファッションブランド「EleVen」を立ち上げ、2012年にはニューヨークファッションウィークにおいて同ブランドのコレクションショーデビューを果たし、今春も”Intrepid”と名付けられた新コレクションを先ごろ発表したばかり。そんなビーナスが、いま心に描いている次なるファッション上の目標がある。

「トム・フォードとのコラボで、メンズコレクションが出来たら、とてもクールだと思っているところ。女性用の服という枠に留まらずに、いずれは「EleVen」でメンズ用のデザインも扱いと考えているわ。ここまでという限界なんて何もないのよ!」と、ビーナスはRefinery29に対して宣言した。子供向けラインもビーナスの視野に当然入っている。

「うん、子供服も将来的に検討している。若い人が健康的に活動することは大事だもの。それが出来れば、年齢を重ねてもより活動的で居続けられることに繋がるからね」

既にラルフ・ローレン(Ralph Lauren)やダイアン・フォン・ファステンバーグ(Diane von Furstenberg)などとのコラボ経験が既にあるビーナスが、トム・フォードとのコラボを夢見るのはそれほど大それた夢ではないだろう。ブランドとしての「EleVen」のチームにファッション業界の誰かビッグネームを本格的に加えることをビーナスが考えても何ら不思議はない。

「うん、それはぜひとも考えないといけない、次なる一歩かも」と、ビーナスは微笑んだ。

「時として、自分のブランドに集中し過ぎて、コラボの可能性を探ることが頭から吹っ飛んでしまうことがあったからね。コラボは、さらに高いところにお互いを押し上げる効果があって、デザインする上で楽しみが広がるの。自分がこれまでデザインしたことのないものを創り上げようという気が高まるのよ」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

NEW 2020.12.03(Thu)

30代の彼氏に贈るなら!おすすめのクリスマスプレゼント5選
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

NEW 2020.12.02(Wed)

みんな使い始めてる『ヒト幹細胞コスメ』、何がおすすめ?
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

SPECIAL

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.11.10(Tue)

吐息も近づきそうな夜”レディのたしなみ”を口元に
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.06.10(Wed)

セルライト対策におすすめ!乾燥肌にも使える優しいボディケアオイル5選
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

RECOMMEND

2020.11.10(Tue)

吐息も近づきそうな夜”レディのたしなみ”を口元に
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.09.04(Fri)

スポーツブラおしゃれブランド5選!楽しく身体を動かそう!
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.07.01(Wed)

【夏の接触冷感&おしゃれマスクがほしい】通勤時にもおすすめ!通販もできるマスク8選
nanat
nanat