GLAM Editorial

2017.03.22(Wed)

「ジミー チュウ」のサンドラ・チェ、脚を長く見せる靴の履き方を伝授!

「ジミー チュウ」を率いるデザイナーのサンドラ・チェ(Sandra Choi)。創立者ジミー・チュウの姪でもある彼女は、この20年に渡りケイティ・ペリー(Katie Perry)やダイアン・クルーガー(Diane Kruger)といったセレブが愛好する靴を世に送り出し続けて来ている。そんなサンドラが、上手な靴選びや履き方に関する秘訣のいくつかをEdit誌に披露している。

「アンクルストラップのある靴だと、最も見栄えのする履き方は、足首の距骨上部付近にストラップのバックルが来るようにすることなの。これだと脚を長く見せる効果が出るわ。逆に、これよりも低い位置にバックルが来ると反対に足が短く見えてしまうから、そこは要注意。また、着る服とアンクルストラップとの間のバランスもとても大事。アンクルストラップが比較的太いものであるのならば、ミディの長さぐらいのスカートを履く時には15センチぐらいの距離はスカートの裾とストラップとの間に設けたいところ。これなら全体として脚がすっきり長く見えるものよ」

一日の間で靴の購入をするのに一番よい時間帯は午後だともサンドラは述べている。この時間帯になると、足が少し疲れてむくみがちではあるが、それで却って、履いていて一番楽な靴を選びやすいとサンドラは指摘する。試し履きを入念にして靴を選ぶことももちろん絶対条件だともサンドラはつけ加えた。

春になり、ブライダルシーズンも近づいた今日この頃。花嫁が結婚式に履くアクセサリーとしての靴についてのサンドラのアドバイスはこうだ。

「花嫁さんたちには、ウェディングドレスと喧嘩せずに、逆にドレスを引き立てるクラシックな靴を選ぶことを薦めている。たいがいの花嫁さんは、ウェディングドレスについては“これで行きたい!”という確固とした自分自身のイメージがあるのだから、それならなおさら靴は時を超えた定番的なもので行くのがベストだと思うわ」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2021.07.14(Wed)

【最新版】安全な眉毛アートメイククリニックBEST3 | 絶対に失敗したくない初心者向け
GLAM Editorial

2021.07.12(Mon)

ヘアラインのアートメイクって実際どうなの?気になるデメリットについて解説!
GLAM Editorial

2021.07.07(Wed)

アイラインのアートメイクをしている芸能人7選|気になるデザインについても解説
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.05.28(Fri)

【紫外線から肌を守る!】メイクしながらUVケアができる化粧品全6選!
GLAM Editorial

2021.05.21(Fri)

【田中みな実のボディケアが知りたい!】美肌におすすめアイテム
GLAM Editorial

2021.05.18(Tue)

【UVケアできる化粧下地・コスメ特集】ブルーライトカットや日焼け止めにも!
GLAM Editorial

RECOMMEND

2021.06.03(Thu)

すぐにでも生活に取り入れられる!サステナブルな暮らしアイテム15選
GLAM Editorial

2020.07.28(Tue)

ペチコートとは?下着の透けを防ぐマストアイテムでおしゃれをより快適に!
nanat

2019.10.16(Wed)

【駆け出しプレスの立ち話】Vol.19 クチュリエが魅せるハイストリートスタイル! Giambattista Valli...
Bunta & Seira