GLAM Editorial

2017.10.25(Wed)

マット・デイモン、ワインスタインによるグウィネス・パルトロウのセクハラ被害を知っていた

マット・デイモン(47)はハーヴェイ・ワインスタイン(65)がグウィネス・パルトロウ(45)にセクハラしていたことを知っていたそうだ。ワインスタインは以前所有していた製作会社ミラマックスから、マットとベン・アフレックが共に脚本と出演を兼任した『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』をプロデュースして同作をヒットへと導いたが、マットはワインスタインによるいくつかの不適切な行為に気付いていたものの、セクハラ行為については全く知らなかったと『グッド・モーニング・アメリカ』で話した。「グウィネスがハーヴェイからセクハラを受けているっていう話はベンから聞いていたよ。グウィネスはブラッド・ピットの後にベンと付き合っていたからね。でも僕はそのことについてグウィネスと話したことはなかった。ベンが僕に話しただけだったから。彼女はミラマックスの大事な女優だったから、どんな形にしろ彼女とハーヴェイ側が同意や相互理解に至ったことは知っているよ。ハーヴェイはいつもグウィネスにとても敬意を持って接していたよ」

グウィネスは先日、自身が受けたセクハラ体験を公にしていた。グウィネスは『Emma エマ』の主演にキャスティングされた22歳の時、ワインスタインから寝室にマッサージに行こうと誘われたといい、断った後に当時の恋人であったブラッド・ピットに打ち明けたところ、その後ブラッドがワインスタインに問い詰めるに至っていたという。最終的にグウィネスはワインスタインからその件について口止めされたそうだ。

また、マットはワインスタインが女たらしだとも話している。「5分もハーヴェイと一緒にいれば、彼が弱いものいじめが好きで威圧的だって分かるよ。みんなが『全員が知っていた』って言うけど、僕も知っていた。奴が最低だって知ってたよ。それにハーヴェイは女たらしなんだ。あんな男とは結婚したくないね。奴のセクハラ犯罪がこのレベルまで来ていたとは思わなかったけど」

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2021.06.17(Thu)

オーバーリップアートメイクで魅力的な唇を手に入れよう!|オーバーリップの注意点もあわせて解説!
GLAM Editorial

2021.06.15(Tue)

【コロナ後のデートはどう過ごす?】雨の日でも行ける都内おすすめデートスポット7選
GLAM Editorial

2021.06.12(Sat)

夏の臭いケアにおすすめ!おしゃれな制汗スプレー9選
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.05.28(Fri)

【紫外線から肌を守る!】メイクしながらUVケアができる化粧品全6選!
GLAM Editorial

2021.05.21(Fri)

【田中みな実のボディケアが知りたい!】美肌におすすめアイテム
GLAM Editorial

2021.05.18(Tue)

【UVケアできる化粧下地・コスメ特集】ブルーライトカットや日焼け止めにも!
GLAM Editorial

RECOMMEND

2020.06.01(Mon)

あなたの「ワキポツ」、目立ってない?ノースリーブ×つり革に自信の持てないアナタに。
GLAM Editorial

2021.03.09(Tue)

この春のお仕事ドリンク…美味しそうな新作紅茶が気になる♡
GLAM Editorial

2020.10.13(Tue)

ロマンチックな秋デート♡都内で紅葉のライトアップが楽しめるスポット7選
GLAM Editorial