GLAM Editorial
GLAM Editorial

2017.10.14(Sat)

ジェームズ・ヴァン・ダー・ビーク、権力ある男性からの痴漢被害を明かす

ジェームズ・ヴァン・ダー・ビーク(40)は「年上の権力ある男性たち」に痴漢行為を受けたことがあるそうだ。テレビドラマ『ドーソンズ・クリーク』で主役を演じ一躍スターとなったジェームズは、大物プロデューサーのハーヴェイ・ワインスタインからセクハラを受けたことを公にした女性たちをサポートするために自身のセクハラ体験を語ることを決め、「恥と無力さ」を感じて世間に話すことを躊躇するのが分かるとツイッターでコメントした。

「ワインスタインが告発されていることは犯罪だ。どの業界においても彼が認めたことは許し難いよ。告白した全ての人を称えたいと思う」「僕自身も年上の権力ある男性たちからお尻をつかまれたことがあるんだ。僕がとても若かった頃、彼らに不適切で性的な会話を強要されたんだ」「だから僕は意味もなく恥や無力さ、声をあげる力の無さを感じる気持ちが理解できる。乗り越えられないと感じる権力ってものがあるからね」

その後、ジェームズはファンに対して勝手に犯人の噂を立てないようにしてほしいと訴えている。「ところで、僕がセクハラを受けた相手は一般の人ほとんどが知らない人たちだよ。2人は他の人からの証言で有罪になっていて、もう1人は今では亡くなっている」「だから僕がこの業界で知り合ったメンターや支持者、素晴らしい友人たちがセクハラした人なのではないかという噂が持ち上がっていることに対して謝りたい」「そもそも僕がその人たちの名前を公開しなかったことが引き金になっているとは分かっているけど、どうか理由もなく無実な人々を責めないでほしい。それは公平でも正しいことでもないよ」

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2021.02.15(Mon)

地中海太陽の恵み「サンライズ レッドグレープフルーツ」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.02.05(Fri)

花粉肌荒れに悩んでるなら必見!"花粉肌荒れ"対策コスメ5選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.18(Mon)

年末年始の食べ過ぎをなかったことに!おすすめのリセットレシピ5選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.02.15(Mon)

地中海太陽の恵み「サンライズ レッドグレープフルーツ」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2020.05.05(Tue)

【2020年最新版】人気のトレンド水着コレクションをチェック!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.05.28(Thu)

【厳選】おすすめハーブティーブランド|贈り物やプレゼントにも最適!
natsumi
natsumi

2021.01.01(Fri)

「初心者向け」2021年版おすすめのオンライン英会話4選
GLAM Editorial
GLAM Editorial