• GLAM TOP >
  • FASHION>
  • SNAP>
  • 【スナップ in Paris】パリジェンヌの“春カラー”のリアルな着こなし

17.05.18(Thu)

【スナップ in Paris】パリジェンヌの“春カラー”のリアルな着こなし

ELIE INOUE

ELIE INOUE Fashion Journalist

神戸の大学を卒業後、単身渡米。NYのファッション業界に携わり、雑誌のライター・コーディネーターとして経験を積む。現在はParisをベースにヨーロッパを駆け回りながら、海外取材やコレクションを通してトレンド分析・考察するジ...

5月は曇りがちな日が続いているパリ。祝日も多かったため、連休には晴れ間を求めて南フランスへと小旅行へ出かける人も多かったよう。遠出はせずパリでショッピングやデートを楽しむパリジェンヌたちは、“色”を使って春ファッションを楽しんでいる様子。

今年トレンドの春カラーは? パリジェンヌ流にシックに春カラーを制覇するには? 

街中でキャッチしたリアルなパリジェンヌのスタイルからレクチャー!

 

ヴィクトリア / 不動産会社勤務

 

フランス出身モナコ在住のヴィクトリアは、連休を利用してパリにショッピングへ。女性らしさを引き立てる赤を、バッグ・アクセサリー・シューズそしてネイルにも取り入れて上品にまとめています。オーバーサイズのスカジャンと洗いざらしのヴィンテージジーンズといったストリートアイテムで最旬スタイルへと昇華。

 

アレクサンドラ / スタイリスト

 

やっぱりパリジェンヌは赤がお気に入りのよう。アレクサンドラは赤の太ベルトを差し色に、70年代風のマダムスタイルをばっちり着こなしています。大人っぽくシックに見えるカーキには、ヴィヴィッドカラーでフレッシュさを。春夏スタイルを攻略する秘訣です。

 

ヨハンナ / 建築家

 

カーリーヘアと丸メガネがお似合いのヨハンナは、ヴィンテージショップで購入したというカラフルなボーダートップスで春を呼び込みます。細ボーダーはパリジェンヌの定番アイテムですが、マルチカラーの太ボーダーだとポップな印象に。

 

ミーナ / 学生

 

家族でお買い物中のところをキャッチ! ビーズとスパンコールをあしらったフラワー柄のブルーのスカジャンとチュールドレスで、軽快な春の装い。ブルーとネイビーで全体をまとめると暗い印象になりがちですが、刺繍や透け感のおかげで軽やかに仕上がっています。

 

Photo / Nanao Kuroda