社会人におすすめの短期Webデザインスクール5選(オンライン)

目次

Webデザイナーを目指せるオンラインスクールが増えている

Web関連の職業の中でも、特に人気が高いのがWebデザイナーです。

これからもWeb関連の需要は増えていくと言われており、クリエイティブな仕事には憧れを持つ方も多いのではないでしょうか。社会人の方だと、手に職をつけて異業種に転職してみたい!と思っている方も少なくないでしょう。

しかし、Webデザイナーになりたいと思っても、完全な未経験の状態からいきなり即戦力として働くのはほぼ不可能です。

Webデザインに関する知識も経験も全く無い状態だと、勉強しようにも何から始めていいか分かりませんよね。

そんな方におすすめなのが、自分のペースで勉強を進められるWebデザインのオンラインスクールです。オンラインだから時間に縛られず、講座終了後の転職サポートや仕事の斡旋を行っているスクールも増えています。

Webデザイナーの仕事内容

Webデザイナーの仕事は、Webサイトの製作やデザインを行うことです。クライアントからのヒアリングや調査、サイトの設計などを経てからデザインに入るので、そこまでの工程でいかに相手の要望をくみ取れるかも重要なスキルとなります。

デザインでは、illustratorやPhotoshopといったソフトを使ってサイト全体のビジュアルを製作していきます。この時、操作性が快適になるように設計するUI(ユーザーインターフェース)デザインの知識も必要です。

フリーランスとして活動する場合は、営業をかけるところから仕上げまで一人で行う場合もあり、その立場によって仕事領域は大きく異なります。

特別な資格が必要なわけではありませんが、魅力的なデザインを作るセンスだけでなく、+αでデジタルコンテンツに関わる知識や技術が必要な奥が深い職業です。

将来性◎!Webデザイナーの需要は高まっている

現在、ネット通販をはじめとしたインターネット上の取引はどんどん増加しており、これからも市場規模は拡大すると予想されています。

それに伴い、デジタルコンテンツの作成に欠かせないWebデザイナーの需要は、今後も高い水準を維持するでしょう。

また、Webデザインの仕事はネット環境とパソコンさえあれば場所と問わずにできるという強みがあります。

フリーランスであれば、住まいやライフステージの変化に左右されにくいので、これは働き手側にとっても大きなメリットですね。

ただし、Webデザイナーという職業自体が人気の職種なので、参考書などで興味のあるところだけ少し勉強した程度では、仕事として成り立たせるのは非常に難しいのが現状です。

これからのWebデザイナーは、より高い専門性と新しい技術を積極的に取り入れる姿勢は必須だと言えるでしょう。

そのためには、まずWebデザイナーをする上での最低限の知識は広く身に着けておかなければなりません。

Webデザイナースクールなら基礎知識から実践まで専門的な知識を効率的に学ぶことができるので、Webデザイン未経験者におすすめです。

Webスクールによって強みや特色が異なるほか、スタートレベルによっても何を受講するべきか変わってくるので、コース内容や気になる費用などを比較して、自分にピッタリのスクールを探してみましょう。

社会人におすすめのWebデザイナースクール1. たのまな

子ども向け教室から大人の資格取得スクールまで、さまざまな“学び”を提供するヒューマンアカデミーの通信講座が「たのまな」です。

たのまなにはパソコン関連や在宅ワーク関連の講座がたくさんありますが、その中でWebデザイナーの勉強を始めるのに最もおすすめなのが「アドビオンライントレーニング通信講座 1ヶ月間 受け放題コース+Adobe Creative Cloud」です。

こちらのコースでは、DTP(パソコン上でデザインやレイアウトを編集したもの)の制作には欠かせないAdobe(アドビ)社のソフトで、Webデザインの知識を身に着けていきます。

なお、手頃な1カ月コースの他にも3カ月コースや12カ月コース、3カ月単位の延長も可能です。

このコースでは、グラフィックデザインソフトとして有名なPhotoshopとIllustrator、DTPデザインに欠かせないInDesignについて、オンライン動画でレクチャーを受け、基本の操作方法を習得後、レイアウトや素材加工などを学び、実践的なデザイン力を身に着けていきます。

また、Webサイト作成ツールであるDreamweaverや、Webサイトにアニメーション的な動きを与えるFlashについても学習可能。

さらにこの講座のカリキュラムには、これからWebデザイナーにも必須スキルとなることが予想される、動画編集ソフトのトレーニングも含まれています。

この講座では、全21コースが1ヶ月~受け放題!講座はネットに接続されていればいつでも視聴可能で、パソコンだけでなくiPhoneやiPadからもOKです。

忙しい社会人でも、すき間時間でWebデザインに関する総合的な知識を習得できます。

おすすめポイント1.全くの初心者から上級者まで対応!豊富な動画トレーニングが見放題

たのまなの「アドビオンライントレーニング通信講座 受け放題コース」では、動画トレーニングをいつでも好きな時に、好きなだけ見て学習することができます。

そのため、全くの初心者はもちろん少しだけ知識がある方でも、目標に向かって効率的にスキルアップが目指せます。

学べるソフトは複数ありますが、「Photoshop」や「Illustrator」に絞って、メジャーなデザインソフトについて1カ月集中して勉強するのもOK。

また、動画編集やサイト作成なども任せられるよう、すべてのソフトをじっくり12カ月かけて勉強したりと、自分のペースで知識や技術を身に着けられます。

おすすめポイント2. Adobe Creative Cloudが12カ月間使える!

Adobe Creative Cloudは、個人で利用しようとすると通常は1年単位の契約で月額6,248円かかります。

Adobeソフトの知識や技術が必須のWebデザイナーですが、まだ本格的に目指せるかどうかわからない段階では大きすぎる出費ですね。

たのまなの「+Adobe Creative Cloud」と表記されているコースには、コース料金にこちらが1年分すでに含まれていてとてもお得。

大きな初期費用を発生させずに、手軽にWebデザインの勉強を始めることができます。

おすすめポイント3.現役クリエイターの講師から添削指導が受けられる

たのまなでは、動画トレーニングやテキストで知識を身に付けながら実際にソフトを操作し、確認テストや課題トレーニングで実践力を身に付けていきます。

さらに、オプションで別料金にはなりますが、添削課題でより実務的な技術を得るための指導を受けることも可能です。

添削は、現役クリエイターである講師が担当。現場で活躍している講師から添削を受けることで、より技術に磨きがかかります!

たのまな利用者の口コミ

「このコロナ禍で在宅でスキルを身に付けたいと思い、以前からなんとなく興味のあったWebデザインの勉強を始めました。たのまなはその中で友人に紹介され、費用がとてもリーズナブルなところが助かっています。動画1本あたりがそれほど長くないので、空いた時間に集中して取り組めます。(30代・女性)」

「Adobeソフトが高いので、お得に利用したいと思ってたどりついたのがたのまなでした。1カ月の受講料が、普通にソフトを導入するよりも安くてお得過ぎる!本来使う予定のなかった映像編集のソフトも試しに使えて、とても満足です。(20代・女性)」

「Adobeソフトは全くの未経験という状態からスタートしました。画面の見方や本当に基本的な操作方法など、一から分かりやすく学べます。動画は繰り返し何度でも見れるので、自分の理解度に合わせて進められています。1カ月じゃなくて、もっと期間が長いコースを選べばよかった!(30代・女性)」

たのまな利用者のキャンペーン

オリコの教育ローン分割手数料無料(~7/11)

全講座36回払いまでの金利手数料がが0円になります。

そのほかにもたのまなではほぼ週替わりでお得なキャンペーンを行っているので、ぜひ公式サイトをチェックしてみてください。

【受講費用】39,980円~
(費用詳細)
アドビオンライントレーニング通信講座 +Adobe Creative Cloud1年版
1ヶ月受け放題:39,980円
3ヶ月受け放題:45,800円
12ヶ月受け放題:76,800円
受講期間延長:3カ月18,000円(各コース共通)

【受講期間】最短1ヶ月〜

社会人におすすめのWebデザイナースクール2. デジタルハリウッド STUDIO by LIG

数多くのデジタルアワードを受賞してきたWeb制作会社LIGと、全国にデジタル系専門スクールを展開するデジタルハリウッドがコラボレーション。

実績あるデジハリの教材とLIGクリエイターの授業を組み合わせた、起業も目指せる実践的カリキュラムでwebデザインを学ぶことができます。

こちらのスクールで、Webデザイン初心者が一から学べるのは「Webデザイナー専攻」プラン。PhotoshopやIllustratorでデザインを学んだ後は、HTMLやCSS、JavaScriptなどでのコーディングを習得します。

しかし、Webサイトは作って終わりではなく、どのように運用していくかが重要です。そのため、Webデザインの知識だけでなくWebマーケティング関連のオリジナル講座も用意されています。

カメラ講座やライティング講座、編集など、フリーランスとして活躍するなら必ず学んでおきたい知識が学べますよ。

デジタルハリウッド STUDIO by LIGでは、学んだ先にある就職や転職のサポートも万全です。Webデザイナーデビューするにあたって必要なポートフォリオ(作品や実績をまとめたもの)を卒業制作として作成するので、就活や転職に役立ちます。

プロで活躍する現役Webデザイナーが一人ひとりにアドバイスしてくれるほか、卒業生はLIGにも積極的に採用されていますよ。

スクールのスタイルは、オンラインでいつでも学べる映像教材と個別指導だけでなく、月に1回のLIVE授業もあります。

個別指導は、上野・池袋・大宮にある教室で現役のクリエイターに直接、何度でも質問可能。併設のコワーキングスペースは無料で利用でき、他のクリエイターとの交流の場にもなりますよ。

本気でWebデザイナーを目指している方の中でも、教室近辺が生活エリアの方はサービスをフル活用できるので特におすすめです。

おすすめポイント1.知識・経験ゼロから6ヶ月でWebデザイナーに転職を目指せるカリキュラム

多くのWebデザイナースクールは、運営主体が「資格スクール」のところが多いなか、デジタルハリウッドSTUDIO by LIGはWeb制作会社が運営しています。

ただWebデザインに必要なソフトの操作方法を学ぶだけでなく、より現場に近く実践的な知識が学べることが大きな特徴です。

デザインの基礎スキルの習得から初心者にとって手ごわいコーディングの習得まで、現役クリエイターにいつでも質問・相談が可能。

最初は全くの初心者でも、6ヶ月の講座終了後にはデザインからサイト構築までをひとりでできることを目標としたカリキュラムが組まれています。

スクールはオンライン受講の他、教室のオープン時間にはいつでも出入り可能(要予約)なので、忙しい社会人にもおすすめ。実際にスクールに足を運ぶことで、モチベーションのアップにもつながります。

おすすめポイント2. LIG運営だからできる、Webサイト制作の一連の流れを体験

Webデザイナー専攻コースでは、前半3ヶ月で基礎知識をしっかり学び、後半3ヶ月で企画からデザイン・コーディング・完成までWebサイトをイチから作成します。これを卒業制作として、最後にプレゼンを行うことでコース卒業となります。

また、この期間に実績としてアピールできる作品の数を増やすことも可能。LIGが実際に受注する仕事に挑戦する「社内制作課題コンペ」も開催していて、現場の作業の流れを体験しながらスキルを伸ばしていけます。

おすすめポイント3.Web制作会社視点で履歴書や経歴書の書き方も教えてくれる

知識は付いたけど、実際に就職・転職活動するにはどう動いたらいいか分からない、という方でも安心!キャリアカウンセラーによる、個別の転職相談が受けられます。

ポートフォリオの添削だけでなく、Web制作会社だからこそわかる採用基準から、履歴書や経歴書の書き方まで指導してもらえますよ。

転職セミナーも開催しており、必要なスキルの確認ができたり最新のクリエイター人材の市場情報が得られたりと、役立つ情報が盛りだくさん。

講座卒業後にも1ヶ月ブラッシュアップ期間として最終調整のためのサポートを受けることができるので、次のステップに移りやすいです。

デジタルハリウッド STUDIO by LIGの口コミ

「動画で学習する前半と卒業制作にかかる後半とで、難易度が全然違います!一からWebサイトを作るのは大変でしたが、これが現場なんだなと痛感。それでも、たくさんアドバイスを受けながら完成した時の達成感は素晴らしいもので、自信を持って転職活動に挑めました。(30代・男性)」

「全く別業種で社会人をしていて、決まった時間の対面授業のスクールは時間的に厳しかったので、こちらの動画教材+好きな時に通えるスタイルはピッタリでした。夜22時まで開いていたので、都合をつけやすかったです!動画教材は、自分の苦手分野は繰り返し学習できるのが良いですね。(20代・女性)」

「普段使っている教材でも十分勉強できますが、特別授業が本当にためになります!現役のクリエイターが現場で使える知識を教えてくれて、時短テクニックや配色のパターンなどは、自分だけで勉強していたら絶対分からなかったことだと思います。(20代・女性)」

【受講費用】495,000円~
(費用詳細)
Webデザイナー専攻コース
一括払い:495,000円
分割払い:月額5,323円~

【受講期間】最短6ヶ月(約112時間)〜

社会人におすすめのWebデザイナースクール3. TechAcademy (テックアカデミー)

テックアカデミーは、Web関連やアプリ開発、プログラミングなどIT関連スキルに特化したオンライン完結型スクールです。

在籍する講師(メンター)は全員現役のエンジニアやデザイナーで、通過率10%の狭き門をクリアした実力者が勢ぞろいしています。

オンラインなので教室での直接的な指導はありませんが、その代わり週2回のマンツーマンメンタリング(ビデオチャット)で、一人ひとりにあったサポートが受けられます。

また、毎日15時〜23時と遅い時間までメンターがオンラインで待機しており、この時間内であれば疑問点を何度でも質問可能。

忙しい社会人や遅い時間まで活動する学生でも、挫折しにくい環境が整えられています。

テックアカデミーでWebデザインを学べるのは、短期間でオリジナルサイトをデザインできることを目指すWebデザインコース。

期間は最短4週間から選ぶことができ、最適な学習環境が提供できるようAdobe Creative Cloudコンプリートプランが3ヶ月分無償提供されます。

カリキュラムではWebデザインの基本的な考え方からWebページの構成、Photoshopを使った画像加工技術、HTML/CSSに加えてjQueryやSassのスキルも習得できます。個別に目標を設定してくれるので、メンターと一緒に意欲的に学習を進められますよ。

また、テックアカデミー独自の転職サポートがあるのも心強いポイント。職場環境が整った企業の紹介があるほか、企業やコンサルタントからのスカウトもあります!

フリーランスとして活躍したい方には、テックアカデミーワークスで独自にWeb制作の案件を紹介しているので、こちらもぜひ利用したいですね。

おすすめポイント1.マンツーマン体制で一人ひとりにあった進め方や目標設定をしてくれる

現役のWebデザイナーが、メンターとして一人ひとりに親身になって指導にあたります。

週に2回、1回あたり30分のビデオチャットや、23時まで受け付けている質問チャットなどの綿密なサポートは、オンラインスクールで陥りがちな三日坊主や挫折を防ぎます。

また、コースの最終目標はオリジナルサービスのサイトをデザインして公開することですが、こちらの開発も専属メンターがフルサポート。最初の目標設定から勉強中の不明点の解消、最後の課題まで安心して取り組むことができます。

おすすめポイント2.無料体験もアリ!社会人でも勉強を進めやすいオンラインスクール

Webデザインの勉強はしてみたいけど、自分が本当に向いているのか不安という方は、無料体験で全ての学習システムが体験可能です。

無料体験でもメンターとの相談や課題提出などもできるので、実際に受講した時の雰囲気がしっかり理解できます。

また、カリキュラムの進め方も、4週間で集中して学ぶコースから16週間かけて少しずつ進めるコースまであり、学習ペースが4パターンから選べるのも大きな特徴です。

忙しくて一人ではなかなか勉強が進められない方でも、自分のペースでスキルを身につけられます。

おすすめポイント3.実際にWebデザイナーとして仕事を得るまでのサポートが手厚い

Webデザイナーコースを卒業しても、どう転職活動や仕事獲得に向けて動けばいいのか分かりませんよね。

そんな方向けに、テックアカデミーでは無料の転職サポートを用意。磨いたスキルでスカウトを待つこともできるうえに、副業やフリーランスとして案件を受注して報酬を得るためのサポートもあります。

請け負った案件については、メンターと一緒に取り組むことができる点は大きなメリットです。

実務についてはまだ右も左も分からない初心者1人だと、案件の受注はかなり高いハードルとなりますが、サポート付きであればそのような懸念も払しょくできます。

テックアカデミー利用者の口コミ

「12週間コースでマイペースに課題を進めました。自分の実力に合わせて、基礎からしっかり学習計画を立ててくれるので、スキルアップが実感できます。なにより講師の方のサポートがとても熱心で、頑張ろうと思えました!(30代・女性)」

「費用は決して安くありませんが、学習内容だけでなく転職の相談にものってもらえたり、学習の進み具合いに合わせて計画を変更してもらえたりしました。苦手なコーディングのスキルが身に付き、細かいサポートが受けられて非常に満足しています。(20代・男性)」

「短期間の受講でしたが、ずっと勉強したかったPhotoshopがようやく使いこなせるようになり、全く予備知識のなかったJavaScriptも基礎部分はできるようになりました。最初は分からないことだらけでしたが、気軽に質問ができるのがよかったです。(40代・女性)」

 

テックアカデミーのキャンペーン

七夕キャンペーン(~7/11)

1コース申し込むと、もれなく「UI/UXデザインコース」または「Webディレクションコース」のカリキュラムをプレゼント

【受講費用】163,900円〜
(費用詳細)
Webデザインコース
4週間:社会人174,900円、学生163,900円
8週間:社会人229,900円、学生196,900円
12週間:社会人284,900円、学生229,900円
16週間:社会人339,900円、学生262,900円

分割払い:社会人…毎月7,288円~、学生…毎月6,830円~(4週間プランを24回払いした場合)

【受講期間】最短4週間〜

社会人におすすめのWebデザイナースクール4. 東京デザインプレックス研究所

本格的にデザインを学び、就職やスキルアップを狙うなら「東京デザインプレックス研究所」がおすすめです。

こちらは渋谷にあるスクールでの対面授業のみとなりますが、次世代の「プロフェッショナルデザイナー」「コンテンツクリエイター」を育成するスクールとなっています。

Webデザイナーの勉強ができるのは、Webクリエイティブ専攻。業界最先端のWeb技術、ビジネス即応のデザインが学べる国内唯一のプログラムに定評があります。

その中でさらにコースが分かれていて、必修コースが5つ、選択コースが7つ用意されています。コースが多岐にわたるので、初見ではどれが良いのか迷いがちですが、入学前の個別カウンセリングで方向性を見定めてくれるので安心です。

講師陣は現役のクリエイターやデザイナーで、1クラスあたり10~16名と少人数なので直接キメの細かい指導を受けられます。

教室の設備も最先端で、パソコンを使った授業では1人につき2台のモニターを完備しており、未経験からでもプロのWebデザイナーを目指せる環境が整っています。

また、社会人が通いやすい授業時間設定があるのも、無理なく通えるポイントです。一般的な専門学校と同様に昼間部・夜間部があるほか、夜間部には土日集中コースもあります。

通常カリキュラムとは別で、2年間無料で受けられる「プレックスプログラム」は、講義+ワークショップ形式の授業でより専門性が高められる内容です。

また、修了後の就職・転職に関しても一人ひとりに合ったキャリアサポートを実施。独自ルートによる多くの求人や各種セミナー、オンラインスクールでは難しい面接対策も行ってくれます。

最先端のWebスキルを身に付け、その先のキャリア形成も確実に行えるスクールと言えるでしょう。

おすすめポイント1.即戦力となる最先端のWeb技術が学べる

東京デザインプレックス研究所のカリキュラムは、ただWebデザインに必要なソフトやコーディングの基礎を学ぶだけではありません。

FlexboxやWordPress、プログラミングではJavaScriptやAjax(jQuery)など、実践的なデザインを作成するために必要な知識もまとめて習得できます。

また、ビジュアル的なデザインだけでなく、Webサイトを訪れたユーザーの行動傾向やデータ分析など、ビジネス志向のデザインについてのプログラムも用意。異業種からの転職でも即戦力となれるよう、就職に強いカリキュラムとなっています。

おすすめポイント2.”2年間無料”の「プレックスプログラム」で修了後もスキルを磨ける

2年間無料で受講できる「プレックスプログラム」は、各業界のトップクリエイターによる講義+ワークショップの授業です。

デザインに関する10の要素について、求められる志向性やスキルについて学びます。

例えば、国や分野の境界を超えるボーダレスデザインやトップクリエイターの独自要素、デザイントレンドなど通常の授業では学べないことばかり。

約80ある独自の最先端プログラムが無料で受講できるので、やる気次第でさらなるスキルアップが目指せます。

おすすめポイント3.実績豊富!万全の就職サポート

社会人の異業種への転職活動は、こういったスクールに通ったからと必ずスムーズにいくとは限りません。

その点、東京デザインプレックス研究所では、就活の基本である履歴書・職務経歴書の作成から採用面接、ポートフォリオ作成まで一人ひとりに対して充実のサポートを行ってくれます。

また、転職に有利になる資格取得コースや独自入手の求人、企業紹介もあるので不安なく次のキャリアを模索することができます。

東京デザインプレックス研究所の就職実績は4年制の美術大学にも対抗できるほどなので、いかに就職サポートが充実しているかが分かりますね。

東京デザインプレックス研究所の口コミ

「すでに社会人だったのでオンラインスクールにしようか迷いましたが、ここの対面授業で正解でした。デザインにいろいろなこだわりがある人が多くて、クラスメイトからも刺激がもらえます。また、コンテンツの見せ方など、学んだことは今でも仕事で役立っています。(30代・女性)」

「自分の好き勝手自由にデザインを考えるのではなく、ビジネスとしてのデザインをみっちり学べた気がします。課題をプレゼンして、先生だけでなくクラスメイトからも反応がもらえるのはモチベーションが上がりました。現役のクリエイターである先生から、仕事現場の話が効けるのも興味深かったです。(20代・女性)」

「Webデザインを学び、転職してみてコミュニケーション能力の必要性を実感しました。クライアントの要望をくみとり、そのデザインにした理由を色味から文字も大きさまでプレゼンすることは、スクールでの経験がとても活かされています。(20代・女性)」

【受講費用】726,000円~
(費用詳細)
Webデザイン総合コース
入学金:33,000円
受講料:632,500円
教材費・実習費:60,500円
合計:726,000円

上記に加えて選択コースを選んだ場合、コースごとに別途費用加算あり。
例)Webデザイン実践コース:198,000円

【受講期間】昼間部:3ヶ月、夜間部:9ヶ月(どちらも授業時間は計235時間)

社会人におすすめのWebデザイナースクール5. Famm

 

100万人が利用する子育て家族アプリ「Famm」から、ママ専用Webデザイナースクールが登場!対面だけでなく、オンラインでZoomを使用したLIVE授業を行っているので、全国どこに住んでいても受講可能です。

また、ママ専用スクールの強みとして授業中のシッター代が無料になるサービスを展開!普段子育てに忙しいママでも、授業の時間だけは勉強に集中できます。

また、短期1ヶ月集中型のコースなので、産休・育休中のキャリアアップにも最適。期間を短くすることで、費用も最小限に抑えています。

そんなに短いと講座内容はどうなの?と思われがちですが、こちらはママが在宅でWebデザイナーになるため必要なスキルを厳選。まずはHTMLやCSS、Photoshopを学んでバナーやページ作成が行える知識と技術を身に付けます。

1ヶ月で本講座自体は修了となりますが、その後の応用テクニックはなんと無料で学習可能!illustratorやJavaScriptなどのスキルが学べる動画50時間分が無料で提供され、やる気次第でさらなるレベルアップを目指すことができます。

修了後、実際に案件を受注するまでが最初の難関とも言えますが、ここもFammがしっかりサポートを行ってくれます。

Fammからの案件も受注可能で、これで実績作りをして本格的に在宅のWebデザイナーとして活躍することも夢ではありません。

Webデザインについて学ぶ他、専門家によるキャリアカウンセリングやマネーリテラシー講座も無料で提供。ママにとって役立つ情報がどんどん得られるスクールでもあります。

対面授業は東京のほか、大阪や名古屋などでも行っているので、オンラインはなにかと不安という方はこちらも検討してみてくださいね。

おすすめポイント1.子育て中のママ向けに特化したWebデザイナー講座

勉強したいけど子どもが一緒だと集中できなさそう、在宅ワークのスキルを身に付けたいけど、何をしていいのか分からない…そんなママの不安を一度に解決してくれるのがFammのWebデザイナー講座です。

1ヶ月短期集中講座で、開催される講座は週に1回と忙しいママでも時間のやりくりがしやすいです。またシッターの無料紹介やシッター代全額補助制度があるので、学習に集中できる環境が整えられます。

おすすめポイント2.応用スキルは無料で動画提供アリ!

1ヶ月の講座内容は、HTMLやCSS、PhotoshopといったWebデザインでは必須の知識の学習です。

この知識でバナー作成やページ作成などができるようになりますが、これだけでは仕事の幅が広がらないのも事実。

本格的にWebデザイナーを目指すなら、動きをつけるプログラミングやスマホ対応デザイン、マーケティングの知識なども必要になってきます。Fammでは、これらの知識は応用講座として無料の動画で学習可能

また、定期的に開催される卒業生質問会などで、講師に質問したり他のママと一緒に学習できる機会もあり、モチベーションアップにもつながります。

おすすめポイント3.未経験でも仕事受注ができるまでをしっかりサポート

FammをのWebデザイナー講座を受講するママは、ほとんどが未経験者。そのため、講座内容にはポートフォリオ作成やプレゼンスキル、セルフプロデュースなど在宅ワークのフリーランスとして活躍するために必要なスキルも応用講座で学べます。

また、Fammから仕事を受注することもできるので、ポートフォリオに載せる実績作りもサポート。この受注から就職につながったママもいて、Webデザイナーとしてのキャリア形成がしやすい環境が整えられています。

Famm利用者の口コミ

「パソコンがちょっと苦手な私でもすんなり取り組むことができて、未経験者に優しい講座だなと思いました!ただ、1ヶ月の講座だけ収入に結びつけるのはちょっと難しいかな?卒業後の応用講座を本気で取り組んでいけると、仕事の獲得につながります。(30代・女性)」

「同じ講座を受けた人と座談会で繋がれて、みんな頑張っていてとても刺激になりました!ママになってからWebデザインの勉強を始めた人って、リアルではなかなか知り合えないのでとても貴重な場です。(40代・女性)」

「育休が終わる前にWebデザインの勉強がしたくて、オンラインスクールを探していましたが、どこも高額で…。そんな中でFammのwebデザイン講座は費用面での負担が軽くて、何よりシッター代無料というところがありがたいです!(20代・女性)」