Nicole
Nicole

2017.06.13(Tue)

【お得】Sigma Beautyのお得な限定セット コッパーアイブラシセットが絶対に買い!

「おすすめのメイクブラシは?」と聞かれて一番に脳裏に浮かぶのが、Sigma。高い予算を掲げれば驚くほど質の良いメイクブラシを手に入れられるのは当然のことですが、低い予算の中でも最高のパフォーマンスをみせてくれるブランドこそが、いつでも「頼れる」ブランド。新しいメイクにチャレンジするときに「このメイクにはこんなブラシがあると便利かな」と買い足せる気軽さが好きなのです。Sigmaは、言うならば「ブラシ界のZARA」のようなもの。流行りにも敏感で、お値段はお手軽で、それでいて質も悪くなく、使い倒してもなかなかヘタらない、という。

以前コチラコチラでもご紹介したことのあるSigmaですが、今日ご紹介するのは先月発売になったばかりの新商品 Ultimate Copper Eye Brush Set。プロ級のアイメイクを仕上げるのに必要なブラシが13本セットになった限定商品で、単品で購入するよりも$66.00(約7246円 2017年6月12日現在)もお得なのだそう。頂いて以来ずっと使っているのですが、正直他のブラシの出番がぐんと減ってしまいました。そんなお気に入りのブラシを一つずつご紹介させてください。

※左から順にE55 Eye Shading、E20 Short Shader、E50 Large Fluff

E55 Eye Shading:まぶたの中心に明るめのカラーをぽんぽんと叩き込むようにのせるのにとても重宝するブラシ。セッティングミストを軽くシュッとスプレーして湿らせた状態で使えば、ピグメントやメタリック系のアイシャドウの発色も良くなります。

E20 Short Shader:アイライナーをぼかしたり、下まぶたにアイシャドウをぼかすのに最適なブラシ。毛足はとても短いですが、案外柔らかくてフレキシブルなので、アイシャドウをふんわりとぼかすことが出来ます。

E50 Large Fluff:実際に持ってみると、かなり大きめのアイシャドウブラシ。だからこそ、ベースカラーを塗布するのにこの上なく便利です。アイボリー系のカラーを含ませてまぶたの上をワンスワイプするだけで、まぶた〜眉下の広い範囲までアイシャドウを塗布することが出来ます。アイシャドウがムラになりづらく、ふわっと色付くのが◎。

※左から E39 Buff and Blend、E37 All Over Blend、E45 Small Tapered Blending

E39 Buff and Blend:ころんと丸みのあるブラシは、アイシャドウがちょっと濃く付きすぎてしまったな…とか、ムラっぽくなってしまったな、というときに便利。このブラシでムラになった部分をぼかすだけで、消しゴムのようにムラっぽさが消えてゆくのです。小回りの利くサイズも◎。

E37 All Over Blend:E39よりも少し大きめのサイズのこのブラシは、広い範囲のアイシャドウを馴染ませるのに向いています。アイメイクの仕上げに、このブラシでささっと全体をぼかしてあげるだけで、目元に一体感が出るのです。思いの外大きめなので、このブラシで色をのせる、というより、ぼかす専門という感じ。

E45 Small Tapered Blending:ツンと尖った先端がアイホールのくぼみにぴったりフィット。アイホールの影色を調節したり、色を何色も重ねていく段階で「もう少し深みが欲しいな」というときに便利です。先端の部分を使って色を重ねると同時に、ふわふわとした長めの毛足がアイシャドウを馴染ませてくれるのです。

※左からE36 Blending、E40 Tapered Blending、E25 Blending、E35 Tapered Blending

E36 Blending:アイホールのくぼみにアイシャドウをライン状にくっきりと馴染ませ、まぶた全体に明るいカラーを重ねる「カットクリース」と呼ばれるアイメイクを仕上げるのにとても重宝するブラシ。普通のメイクではアイホールに影色を馴染ませてふんわりとぼかしますが、カットクリースの場合はアイホールのくぼみにピンポイントでアイシャドウをぼかす必要があるので、こういった細くて毛足の長いブラシが便利なのです。

E40 Tapered Blending / E35 Tapered Blending:正直違いがあまり分からないのですが(色だけ?)、どちらもアイホールにアイシャドウをふんわりと重ねたり、境界線をぼかしたり、アイシャドウ同士を馴染ませたり…といった用途に向いています。この手のふわふわとしたブレンディングブラシは、何本持っていても困りませんね。

E25 Blending:平たくて密度の高いブレンディングブラシ。アイシャドウを色濃くのせながらエッヂの部分はふわりとぼかしてくれる。 持つ角度によって用途が変わる、とても応用の効くブラシです。

※左からE65 Small Angle、E10 Small Eye Liner、E30 Pencil

E65 Small Angle:キャットアイも楽々!な、毛足の短いアングルブラシ。ペンシルライナーをぼかしたり、セッティングミストで湿らせてから使えば、パキっと発色するので、アイシャドウをアイライナー代わりにしたりも。

E10 Small Eye Liner:小回りの利くアイライナーブラシ。個人的にはもう少し毛足が短いか、根元の部分が糊付けされているとラインが引きやすいかな、と思いますが、これでも充分真っ直ぐなラインを引くことが出来ます。今までリキッドライナー派だったのですが、このブラシがかなり使いやすいので、ジェルライナーのコレクションを増やそうかな、とまで思い始めたところ。

E30 Pencil:小さくて柔らかいペンシルブラシ。ふんわりと色付くので、例えばこのブラシで明るめのカラーを下まぶたに馴染ませたあと、E20で深みのあるカラーを重ねたり…といった具合で使っています。

Sigmaのブラシはどれも人工毛で出来ているので、ベジタリアン・ヴィーガンの方や、動物毛にアレルギーのある方も使える、というのも嬉しい点。手持ちのSigmaブラシの中には、既に1年以上使っているものもありますが、毛質がなかなか衰えないのでお値段以上の価値があると感じています。Ultimate Copper Brush Setは数量限定なので、気になる方はいますぐチェックして!

 

Sigma Beauty
公式サイト

OTHER ARTICLES

2017.09.12(Tue)

【ロンドン コスメ散策】知る人ぞ知る ニッチコスメの宝庫 Content Beauty&Wellbeing
Nicole
Nicole

2017.08.16(Wed)

【ロンドン コスメ散策】美容好きなら絶対に訪れたい!イギリスの大人気コスメショップ Space NK
Nicole
Nicole

2017.08.10(Thu)

「幸福感が美しさを創る」オーストラリアのナチュラルコスメブランド Flora Remedia
Nicole
Nicole

RECOMMEND

2019.08.26(Mon)

ランドローバー・ブランド・アンバサダーに就任の森星さん「クルマはファッションとよく似ている」就任発表会でイヴォークの魅力...
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.10.08(Thu)

東京のお土産ならスイートポテトがおすすめ!話題の商品はどれ?
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.05.04(Mon)

美味しく食べるダイエット♡糖質制限中も食べれるローソンのおすすめおやつ7選
GLAM Editorial
GLAM Editorial