GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2017.04.28(Fri)

マリメッコが日本の伝統とコラボレーション! 期間限定のポップアップショップでお披露目

独創的なデザインや色使いで人気のデザインハウス、マリメッコ(marimekko)。日本の伝統色で特別にカラーリングされたスペシャルな柄が誕生します!

photo:Kazuhiro Shiraishi

1951年にフィンランドで創業して以来、暮らしをポジティブに彩るライフスタイルブランドとして世界中で愛されているマリメッコ。今回、ブランドの原点でもある柄に、“日本の伝統色を纏わせてみたい”そして“素晴らしい技術をもつ日本の職人たちと一緒にものづくりをしたい”という思いから、特別なコレクションが誕生しました。

photo:Kazuhiro Shiraishi

コラボレーションに参加したのは、木製家具メーカーに400年の歴史を誇る有田焼の窯元、手作りのブリキ缶職人、石川県の漆器店、明治時代から続く染めの技術を用いるてぬぐい職人まで。どれも丁寧なものづくりとのコラボレーションで生まれた、ため息がでるようなアイテムばかり!

フィンランドと日本の出会いから生まれた、今までにない特別なコレクションは伊勢丹新宿店本館1F=ザ・ステージでのポップアップショップ「We love Japan -The Isetan edition- 」にて販売。6月7日(水)より1週間限定での販売となるので、この機会をお見逃しなく!

Marimekko pop up shop「We love Japan – The Isetan edition –

日時:2017年6月7日(水)〜6月13日(火)10:30〜20:00

場所:伊勢丹新宿店本館1F=ザ・ステージ

【トークショーも開催!】

日時:2017年6月9日(金)18:00スタート
場所:伊勢丹新宿店本館1F=ザ・ステージ内
出演:サル ルオツァライネン(マリメッコ ホーム デザイナー)、ロッタ プリンッシ(マリメッコ ストア デザイン、ヴィジュアルマーケティングディレクター)、畑石修嗣(畑萬陶苑)

【有田焼の白磁に描かれた大胆なマリメッコ柄!】

世界でも注目を集めている400年の歴史を誇る有田焼。美しく繊細な絵柄と、絵柄を引き立てる白磁の白さが有田焼の特徴です。この真っ白な磁器をキャンバスに、日本の伝統色でカラーリングされたマリメッコ柄が描かれました。おちょこの「Sake cup」とお香入れの「Incense container」は畑萬陶苑の職人によりひとつひとつ繊細に柄が描かれています。お茶碗となる「Rice cup」は、福泉窯が型からオリジナルで製作。椀の内側に転写プリントの技法で柄が描かれています。

Sake cup 小 各15,000円、大 各18,000円(ともに税込)
Incense holder 各37,000円(税込)
Rice cup各8,000円(税込)

【シックな配色が魅力のウニッコ柄のソファ】

マリメッコでもっともアイコニックなプリント、ウニッコにインテリア用のジャガードファブリックが誕生しました。グレーとホワイトの柔らかなトーンで、木製家具や定番のマリメッコのアイテムとも好相性。今回このウニッコのファブリックを、カリモク家具が手がける、カリモクニュースタンダードのソファが纏いました。

1人掛け、2人掛け、3人掛け、オットマンがラインナップ。
Sofa(2人掛け)350,000円(税込)

【特別なヴァスキナが描かれた手作りのブリキ缶】

約65年間、技術を磨いてきた職人がすべて手作業で作る加藤製作所のブリキ缶。密閉度が高く、手作りとは思えない美しいフォルムと機能性が魅力です。今回、このブリキ缶のために、デザイナーのAino-Maija Metsolaがヴァスキナの柄から一部を抽出してディテールを書き加えて新たな柄をデザインしました。

Tin box 各3,500円(税込)

【自然の色で配色されたマリメッコ柄のウッドボックス】

木地挽物技術で日本一を誇る、石川県・山中温泉。1930年にこの地で創業した畑漆器店がウッドボックスを製作。木地師の熟練の技により木目が美しく出るようにひとつひとつ丁寧に仕上げられたウッドボックスの蓋には、日本の伝統色で配色されたウニッコとキヴェットが表現されています。

Wood box 各12,000円(税込)

【ウニッコとキヴェットの柄に染められたてぬぐい】

一尺三尺(約33cm×90cm)という細長い布の中に、季節感や世界観を表現する日本のてぬぐい。平安時代に誕生し、江戸時代以降は人々の日常生活の必需品として役立ってきました。そんな背景をもつ日本のてぬぐいに、布からスタートしたマリメッコの柄がのりました。明治時代から続く染の技術「注染」を用いて、職人の手で一枚一枚作られた「かまわぬ」のてぬぐいに、ウニッコとキヴェットの柄を、それぞれツートーンで鮮やかかつ大胆に表現されています。

Tenugui各2,000円

【日本の伝統色を纏ったファッションアイテムやホームコレクションも登場!】

新緑の緑、紅葉の赤や黄色、そしてその間に感じる中間の色。季節の移り変わりに合わせてさまざまな色で溢れる日本。その素晴らしい色の中から、「藍鉄(あいてつ)」「漆黒(しっこく)」「紅緋(べにひ)」といった、日本の伝統色を選び、マリメッコのウニッコ柄と新柄ヴァスキナを表現。展開されるのはドレスやトートバッグなどのファッションアイテムから、クッションやエプロン、トレイなどのホームコレクションまで。美しい日本の色とマリメッコのユニークな世界観が融合した特別なコレクションは必見です!

 

 

ルック ブティック事業部

電話番号:03-3794-9139

http://www.marimekko.jp

OTHER ARTICLES

2020.10.17(Sat)

デザインと機能性を両立!普段履きできるおしゃれなレディースランニングシューズ6選
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.10.16(Fri)

スタイリッシュで使いやすい!おしゃれなウェットティッシュケース5選
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.10.14(Wed)

一生もののトレンチコートを見つけたい!おすすめ商品6選
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

SPECIAL

2020.06.10(Wed)

セルライト対策におすすめ!乾燥肌にも使える優しいボディケアオイル5選
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.06.01(Mon)

あなたの「ワキポツ」、目立ってない?ノースリーブ×つり革に自信の持てないアナタに。
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.06.01(Mon)

【紫外線から肌を守る!】メイクしながらUVケアができる化粧品全6選!
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

RECOMMEND

2019.11.19(Tue)

ギフトにも最適! 今、気になる最新おしゃれ家電7選
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2019.12.03(Tue)

【女の履歴書】Vol.10 アーティスト・伊藤千晃「仕事も子育ても楽しくやりたい。笑顔があるところにいいものが生まれると...
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.09.04(Fri)

スポーツブラおしゃれブランド5選!楽しく身体を動かそう!
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team