ELIE INOUE

2017.04.06(Thu)

ブラジャー嗜好に変化の兆し!?パリのランジェリー事情

ナチュラルであることを好むパリジェンヌの下着選びは、シンプルシックでさり気ないセクシーさを演出するものが主流。渡仏当初、ワイヤーやパットもなく、レースか薄い素材のブラジャーが多いことに驚きました。盛ったり寄せたりと、カバー力のある日本の下着とは正反対! 初めての試着時は「少し物足りないかも…」と感じましたが、軽い着け心地で体がリラックスしているのを実感してからは、すっかり愛用者の一人に。

楽なランジェリー=ババ臭い、なんてイメージがあるかもしれませんが、カラーバリエーションもデザインも豊富で、洋服を選ぶように楽しめます。 

 

 

フランスの下着ブランドROSEANNA(ロゼアンナ)は、毎シーズン華やかでポップなデザインが魅力。他ブランドも含め、今季はフラワープリントが種類豊富に登場している印象です。それも、フランス女性が好きなローズではなく、ヒマワリなど元気を与えてくれるようなお花。時には気分を変えて、挑戦したことのないデザインを取り入れてみるのも、良い気分転換になりますね。

 

 

とはいえ、デパートやランジェリーショップに行くと、妖艶でセクシーなランジェリーが大半を占めているので、フランス女性の嗜好はさほど変化していないのかも。変化したことといえば、ワイヤー入りのブラジャーが増えており、確実に浸透してきているもよう。老舗下着ブランドLise Charmel(リズ・シャルメル)の店員さんも「ボディコンシャスな服を着用する時は必ずワイヤー入り」とオススメしてくれました。「勝負!って夜にもね」とも。

繊細でエレガントなレースを使った、スタイリッシュなデザインが人気とのこと。薄いグリーンや薄いグレーなど、柔らかいカラーでシックに。

 

 

上質シックなLise Charmelに対し、セクシーさを前面に押し出したデザインが人気のAubade(オウバドゥ)。やっぱり、パリジェンヌの勝負下着といえばココ!常に研究を重ね、女性のボディを極限まで美しく魅せるランジェリー作りに取り組んでいます。ブラ紐やバックスタイルまで凝っていて、360度抜かりなし!

Tシャツやシルクブラウスなどからあえて透かして見せる、なんて小悪魔的な技にもトライしてみたいですね。パリジェンヌのように、服との組み合わせも考えながら下着選びをすると、新たな自分を開拓できるかも!?

 

 

ワイヤー入りは市民権を得つつも、パット&ワイヤーはまだまだ少ないようで、“いかに矯正するか”に重点を置いた日本のランジェリー事情との違いが見て取れます。また、これはランジェリーに限らずですが、フリルやリボンといった少女っぽい可愛い要素よりも、ロマンティックで洗練されたデザインが好まれる傾向。

年齢を重ねた成熟さに美を見出すパリジェンヌと、若くて純粋無垢な美しさをたたえる大和撫子の美意識が、それぞれの国で脈々と受け継がれているのかもしれませんね。パリを訪れたら、少し大胆セクシーな勝負下着を手に入れてみては?

OTHER ARTICLES

2020.03.16(Mon)

パリコレのオフランウェイを追跡! 業界人が愛する3つの最旬スタイル
ELIE INOUE

2020.02.17(Mon)

コペンハーゲンで発見! 北欧デザインを代表する注目ファッションブランド3つ
ELIE INOUE

2020.02.03(Mon)

【スナップ in Paris】ボーイフレンドと参考にしたい!パリコレで出会ったカップルコーデ
ELIE INOUE

SPECIAL

2016.12.27(Tue)

リアルトレンドをキャッチ! 真冬の防寒スタイル in Paris
ELIE INOUE

RECOMMEND

2021.03.09(Tue)

この春のお仕事ドリンク…美味しそうな新作紅茶が気になる♡
GLAM Editorial

2021.05.21(Fri)

【田中みな実のボディケアが知りたい!】美肌におすすめアイテム
GLAM Editorial

2020.10.10(Sat)

【秋の登山】かわいさと機能性のいいとこ取り!おすすめなレディースの服装9選
GLAM Editorial