KANA
KANA

2017.03.01(Wed)

人気の旅先!女性目線のタイを楽しむための5つのキーワード

サワディーカー。日本が寒い時期には暖かい国へエスケープしたい!そんな時期におすすめの旅先は、タイ。

タイはアジア圏の中でも日本人に人気のデスティネーション。ナイトライフの楽しいシティとビーチリゾート両方を満喫でき、安くて美味しいグルメにショッピングにスパ...と旅が楽しくなるエッセンスが満載!

今回はタイを隅から隅まで楽しむためのキーワードをご紹介します。

バンコクではシティを満喫

首都バンコクは高層ビルが立ち並ぶ都会。物価が安いタイでは、名の知れた五ツ星ラグジュアリーホテルでさえ日本に比べ格段にリーズナブル。気軽に泊まれて素敵なホテルライフを楽しめるのが魅力。

街には高層ビルの屋上に存在するルーフトップバーもたくさんあり、その数東南アジアを代表する程。紫やブルーなどのネオンがキラキラ輝くちょっと派手なタイの夜景にうっとり...。

ビーチリゾートへエスケープ

でもタイを訪れたらシティだけで終わってしまうのは勿体ない!数あるトロピカルアイランドやビーチリゾートに足を伸ばして、ゆっくりビーチリゾートライフを楽しむのもタイの旅での醍醐味。

素敵なリゾートホテルがたくさんあるので、お気に入りを探してみて!

ダイビングは挑戦できない...という方には簡単に楽しめるシュノーケリングがおすすめです。

安くて美味しいタイ料理にヤミツキ

旅で欠かせない楽しみといえばグルメ。タイはグルメも存分に楽しめます。

日本人にも馴染みのあるタイ料理。でも本場のタイ料理は格別!スパイシーなトムヤムクンに、香ばしい野菜やお肉の炒め物、エスニックな風味の麺類、香辛料たっぷりのハーブ入りスープなどなど、エスニック好きならヤミツキになること間違いなし。

バナナを揚げたものやココナッツを使ったスイーツ、ヘルシーなココナッツウォーター、エキゾチックな味のタイーティーなど、 ドリンク&スイーツも大満足!

物価が安いからショッピングも楽しい

女性だったら、旅先でショッピングを楽しみたい人も多いはず。タイはショッピングもとにかく楽しい!

ナイトバザールでは、旅に便利な皺にならない形のいいリゾートドレスが驚くほど安く売っているし、ショッピングモールなどでは高品質でナチュラルなハーブを使った石鹸やエッセンシャルオイル、ボディケアグッズもとても安く手に入れられます。

帰国する頃にはスーツケースがぱんぱんに...!

このワンピースは600円程で購入。着心地も良く皺にならず、パッドも入っていて疲れ知らず。とても重宝しました。

ホテルや老舗ブランドのスパもリーズナブル

女性なら誰もが心ときめく、スパでのトリートメントもとてもリーズナブル。

ラグジュアリーホテルや老舗ブランドのトリートメントでさえ、5000円程から体験できます。

是非試したいのは、タイ古式マッサージと、豊富なハーブのエッセンシャルオイルを使ったトリートメント。心も体もすっかり癒されとろけました。

想像以上に楽しいエキゾチックな魅力たっぷりのタイ。次回からは、タイの旬なおすすめ情報をご紹介していきます。

Have a lovely trip!!

★タイのおすすめお洒落スポットを旅ブログにてご紹介しています。是非ご覧くださいね↓
「JETSET TRAVEL LIFE ~エキゾチックなタイ旅行記~」

◆スーツケース1つで世界に転々と住む、旅ライターKANAのお洒落旅フォトBLOG
JETSET TRAVEL LIFE

◆Instagram @jetsettravellife(旅の様子を毎日更新中!)

OTHER ARTICLES

2017.07.26(Wed)

ハワイにモダンなホテルが新オープン! ハイアット セントリック ワイキキビーチ
KANA
KANA

2017.07.19(Wed)

ハワイに新オープン!珍しい地中海料理がリーズナブルに食べられるレストラン リトルラファ
KANA
KANA

2017.07.12(Wed)

【ハワイ最新情報】全米トップシェフによる待望のイタリアンレストラン「アダムズ ナナル」が開店!
KANA
KANA

RECOMMEND

2019.05.10(Fri)

【GLAMなオトコ 】Vol.23 清原翔、映画『うちの執事が言うことには』の撮影の合間にKing & Prin...
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2019.05.10(Fri)

【ラスベガス贅沢トリップ Vol.3】セレブリティシェフ襲来!ラスベガスレストラン決定版
國方 麻紀
國方 麻紀

2019.05.24(Fri)

【GLAMなオトコ】Vol.24 成田凌は奔放な女性が好き!? “解き放たれた高校時代”とは?
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team