KANA
KANA

2016.03.22(Tue)

ワインに美食に温泉!ハンガリーの優雅な休暇旅

みなさん、次の休暇先は決まりましたか?高感度な女性達におすすめしたい次なる旅先は、「ハンガリー」。

image001

オーストリアの東に位置し、欧州で唯一アジアのルーツを持つこの国は、 ワイン大国であり温泉文化が根付く、美食とスパを兼ね揃えた、大人のためのとっておきの旅先なのです。「ドナウの真珠」とも呼ばれるドナウ川の夜景はため息もの。 それでは、エレガントなハンガリー旅を楽しむいくつかのキーワードをご紹介します。


美と健康に良い温泉


image003

ハンガリーに来て体験せずには帰れないのは、ローマ時代からの文化である温泉。驚くことに、日本と同じく温泉文化が根付いていて、日頃の疲れを癒しに温泉浴場に通う文化があるのです。

早速水着に着替えて温泉へGO。地元の人達は温泉につかりながらチェスをしたり、カップルは仲良さそうにマッサージしあったり…。人々の癒しの場のようです。関節痛や肩こりにも効果があるので、日頃デスクワークで硬くなった体を和らげにいきましょう。日本の温泉は男女別ですが、カップルで楽しめるのも嬉しいポイントですね。

高貴でリッチな味わいの貴腐ワイン


image005

ハンガリーは20箇所以上の美味しいワインを作る地方をもつ、有数のワイン国家。ハンガリーに来たら、濃厚で気高い貴腐ワインは外せません。はちみつのような香りの濃厚リッチなスウィートワインにはうっとり...。特にワインで有名なトカイ地方でも最高峰と名高いワイン「トカイアスー」や、Sepsiの貴腐ワインはお試しあれ。ワイン好きにはとんでもなくたまらない旅先です。


驚きのお値段で食べられる美食


image007

アヒルやガチョウのフォアグラに鴨や鹿のステーキ。ワインに合うサラミや野生の動物のパテに、こってりお肉と野菜のシチューグヤーシュ。クリーミーな野菜スープにハンガリー版クレープのパラチンタ。そしてパプリカを使った伝統的な品々...。

ハンガリーのグルメは、日本人が毎日食べても飽きないと言われる程日本人の口に合うそう。伝統的なハンガリーの食も美味しいですが、近年流行りなのはフュージョン系の美食。見た目もアートなモダンな創作料理と上質なワインとのマリアージュには惚れ惚れ。物価が安いため、日本では一万程いくようなコース料理のディナーが、3000円ほどで楽しめるも嬉しいポイント。

ドナウ川の煌めく夜景


image009

王宮から見下ろすと目に飛び込んでくるドナウ川の夜景は、ドナウの真珠と異名を持つほどの美しさ。キラキラと煌めく輝く宝石のような夜景を背景に、ロマンティックな一時を。漁夫の砦のルーフトップバーでは、お酒片手に夜景を楽しめる必見のロマンティックスポットですよ。

image011

美味しいワインに、アートな美食に、ロマンティックな夜景...お洒落な旅先とワイン好きの私はもうすっかり虜になってしまいました。こんなに素敵な国があったなんて!まだまだ語り尽くせないハンガリーのおすすめポイント。

次回は、 心ときめくゴージャスなカフェ巡りや、絶景ワイナリー巡り、 驚くほど可愛いお洒落ホテルをご紹介します。

jó utat! (素敵な旅を!)



ハンガリーで切り取ったお洒落Photoはこちら↓

Instagram #KanaHungary



◆世界を飛び回るトラベルライターKANAのお洒落旅BLOG

「ジェットセッターLIFE」

◆Instagram @xxxkanaaaa (世界の街で切り取った写真を発信中)

OTHER ARTICLES

2017.07.26(Wed)

ハワイにモダンなホテルが新オープン! ハイアット セントリック ワイキキビーチ
KANA
KANA

2017.07.19(Wed)

ハワイに新オープン!珍しい地中海料理がリーズナブルに食べられるレストラン リトルラファ
KANA
KANA

2017.07.12(Wed)

【ハワイ最新情報】全米トップシェフによる待望のイタリアンレストラン「アダムズ ナナル」が開店!
KANA
KANA

RECOMMEND

2019.09.17(Tue)

旅行中もおしゃれに決めたい! あると便利なファッションアイテム7選
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2018.10.05(Fri)

【GLAMなオトコ】Vol.20 『あのコの、トリコ。』主人公・頼に親近感。吉沢亮が応援したくなる女性のタイプとは!?
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2019.09.06(Fri)

【GLAMなオトコ】Vol.26小栗旬、本能と衝動で生きた色男の文豪、太宰治への共感と羨望とは?
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team