GLAM Editorial

2017.07.28(Fri)

【GLAMなオトコ】Vol. 10 ジョン・キャメロン・ミッチェル、20年間共に歩んできた相棒ヘドウィグと喜び溢れた再会!

English article >>

1997年にオフ・ブロードウェイで初上演されロングランを記録した舞台「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」は、第2次世界大戦の真っ最中に旧東ベルリン生まれの性転換ロック・シンガー、ヘドウィグが人生の最愛のパートナーを探し出す物語。「孤独」「絶縁」「愛」というテーマを核に、ヘドウィグの心をえぐるようなほろ苦いラブストーリーは全世界を魅了しました。

同作の生みの親であるジョン・キャメロン・ミッチェルが監督・脚本・主演を務めた2001年公開の映画版では、米サンダンス映画祭観客賞・監督賞をはじめ、数々の賞を受賞。2014年にはブロードウェイに進出し、トニー賞4部門を受賞した同作は、日本語版公演では2004年と2005年に三上博史主演で、2007年~2009年には山本耕史主演で、2012年には森山未來主演で上演されいずれも人気を博しました。

舞台初上映から20年の月日が経った今年10月に「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」SPECIAL SHOWとして、ジョン・キャメロン・ミッチェル自身がヘドウィグ役で日本初上演することが決定!

そこで、ジョン・キャメロン・ミッチェルにスカイプ単独インタビューし、20年間に渡るヘドウィグへの想いや来日公演について、そして12月公開予定の新作映画『How To Talk To Girls at Parties(原題)』について訊きました。

次ページ>> 来日公演について

OTHER ARTICLES

2021.06.11(Fri)

夏の臭いケアにおすすめ!おしゃれな制汗スプレー9選
GLAM Editorial

2021.06.11(Fri)

ニップルアートメイクとは?|どのような方におすすめなのかも合わせて解説
GLAM Editorial

2021.06.08(Tue)

アートメイクをするならアートメイクギャラリーを選ぶべき5つの理由
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.05.28(Fri)

【紫外線から肌を守る!】メイクしながらUVケアができる化粧品全6選!
GLAM Editorial

2021.05.21(Fri)

【田中みな実のボディケアが知りたい!】美肌におすすめアイテム
GLAM Editorial

2021.05.18(Tue)

【UVケアできる化粧下地・コスメ特集】ブルーライトカットや日焼け止めにも!
GLAM Editorial

RECOMMEND

2020.06.30(Tue)

【2020年最新版】接触冷感素材がトレンド!おすすめの接触冷感アイテム12選
nanat

2021.05.11(Tue)

室内でも日焼けするって本当?おすすめの日焼け止めサプリ10選
GLAM Editorial

2020.11.25(Wed)

レディースダウンジャケット【30代に】おすすめブランド5選
Saki