GLAM Editorial

2017.07.05(Wed)

【GLAMなオトコ】Vol.6 キアヌ・リーブス&チャド・スタエルスキ監督、「三船敏郎さんに比べたら僕は小さなミミズ!?」

キアヌ・リーブス演じる“伝説の殺し屋”ジョン・ウィックが帰って来た! シビるようなアクションで世界中を興奮させたシリーズの続編『ジョン・ウィック:チャプター2』を引っさげて、キアヌとチャド・スタエルスキ監督が来日を果たしました。そこで「GLAM」ではふたりにインタビューを敢行。盟友とも言える彼らが、息もぴったりに映画への思いを語ってくれました。

愛犬と共に平穏な隠遁生活に戻るはずだったジョン・ウィックが、新たな戦いへと巻き込まれていく姿を描く本作。キアヌが、孤独と哀愁を身にまとった男の生き様を体現。そして、銃とカンフーを融合させた“ガン・フー”、殺人的カー・アクション“カー・フー”など度肝を抜くようなアクションは、前作よりもパワーアップ! さらに『3』の製作も決定し、ノリに乗っている彼ら。本作と大きな関わりがある、ふたりにとっての“GLAM(魅力的)”な瞬間とは?

次ページ>> 続編を作る上で意識したことは?

OTHER ARTICLES

Other Articles

おすすめ記事

RECOMMEND

Recommend