GLAM Editorial

2017.07.12(Wed)

【28日(金)〜3日間】フルラが原美術館にて“FURLADAY”開催。入館料が無料に!

FURLA

創業以来アートと親交の深いFURLA(フルラ)。90周年という記念すべき節目を迎え、日本では昨年よりアート支援を目的としたチャリティプロジェクト「FURLA アートパトロネージチャリティ」をスタートしました。

このたびその一環として、原美術館において期間限定でFURLA DAYを実施。 7月28日(金)〜30日(日)の3日間、原美術館にてフルラ公式サイト内のFURLA DAY特設ページを提示すると、入館料が無料に!

この機会に、ぜひ現代アートに触れてみてはいかが?

原美術館FURLA DAY

【 FURLA DAY 】
◆期間:2017年7月28日(金)〜7月30日(日)
◆営業時間:11時〜17時 (入館は16:30まで) [3日間]
◆開催場所:原美術館/東京都品川区北品川4-7-25 公式サイト
◆展覧内容: 「メルセデス・ベンツ アート・スコープ 2015-2017 漂泊する想像力」
◆利用方法: 原美術館へ入館の際、受付に下記のFURLA.com特設ページを画面、もしくは印刷してこ提示ください(ご本人様ほか、ご同伴者様1名までご利用可) 。

FURLA DAY 特設ページ

【FURLA アートパトロネージチャリティ】
著名人とのコラボレーションでFURLAのアイコンバッグであるメトロポリスをベースにした10点のオリジナルデザインバッグを作成、公式サイト上でサイレントオークションにて出品。売上は、企画趣旨に賛同した都内有数の現代美術館である原美術館(東京都品川区)へ寄付しました。寄付金を用い、期間限定で“FURLA DAY”として原美術館の一部無料開館を行うことで、アートに触れる機会の創出と、アート界の支援を目指します。

FURLA

写真は2016年のサイレントオークションに出品されたバッグの一例。左:ニコライ・バーグマン氏、右:小嶋陽菜さんによるデザイン(既に落札済み)。

問い合わせ先:フルラジャパン TEL 0120-951-673

OTHER ARTICLES

2021.06.17(Thu)

オーバーリップアートメイクで魅力的な唇を手に入れよう!|オーバーリップの注意点もあわせて解説!
GLAM Editorial

2021.06.15(Tue)

【コロナ後のデートはどう過ごす?】雨の日でも行ける都内おすすめデートスポット7選
GLAM Editorial

2021.06.12(Sat)

夏の臭いケアにおすすめ!おしゃれな制汗スプレー9選
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.05.28(Fri)

【紫外線から肌を守る!】メイクしながらUVケアができる化粧品全6選!
GLAM Editorial

2021.05.21(Fri)

【田中みな実のボディケアが知りたい!】美肌におすすめアイテム
GLAM Editorial

2021.05.18(Tue)

【UVケアできる化粧下地・コスメ特集】ブルーライトカットや日焼け止めにも!
GLAM Editorial

RECOMMEND

2019.12.16(Mon)

30代女性×レビュー高評価×プチ贅沢価格で厳選! 東京ご褒美レストラン10
GLAM Editorial

2021.01.01(Fri)

「初心者向け」2021年版おすすめのオンライン英会話4選
GLAM Editorial

2020.01.31(Fri)

【女の履歴書】Vol.11 バリーズ株式会社 代表取締役CEO野々村菜美「旅はきっかけ。TabiMUSEを通して女性が変...
GLAM Editorial