牧野真理子
牧野真理子

2017.08.18(Fri)

【Dr.牧野のGLAM外来】vol.5「“いいね!”がほしくて買い物依存に。高級ブランドを買いまくってしまいます」

「厳しく育てられた人ほど、買い物依存に陥りやすい」

【Dr.牧野】心理学の世界で“ベーシックトラスト”という言葉があって、直訳すると“基本的信頼感”ですね。自分以外の他者を信用するという、人間関係の最もベースとなる心理状態です。いちばん最初は母子関係で、泣いたらお母さんがお乳をくれるとか、あやしてくれるとか。このような経験を重ねることで、人は他者との基本的な信頼関係を築いていくんです。ところが、幼少期にこの根本的な欲求が満たされないと、成長してから別の何かで埋めようとするんですね。

【T子さん】私の場合、それが“買い物”っていうことですか?

【Dr.牧野】そうです。私の患者さんに、お母様がとても厳しい方で、ずっと抑圧されて育ってきた方がいらっしゃいます。その方は、お母様が認知症を患ってから急に買い物依存に陥られたんですね。

【T子さん】えっ……! 私の両親もすごく厳しくて、特に父が厳格な人だったんです。たとえば英語でいい成績をとっても「ほかの教科はまだまだだな」って、絶対に褒めてくれなかった。

【Dr.牧野】本来はそこで「よくやったね」「がんばったね」と肯定されることで、他者に対する基本的な信頼感が構築されていくんですね。ところが否定されてばかりで成長すると、どこかで自分を肯定してくれる場所を求めてしまう。買い物に行くと店員さんは「素敵ですね」「お似合いですね」って、褒めてくれますよね。少なくとも否定はされないはず。そういう意味で、買い物はいちばん手っ取り早く、肯定されて褒めてもらえる行為なんです。

【T子さん】ああ、私もその「素敵ですね」という言葉に弱いんです。高級ブランドのお店ほど、お客への対応も良くて。ドアマンがうやうやしくドアを開けてくれて、ソファに座ってキレイなアイテムをあれこれ試して、ときにはお茶を出してもらって。それで「素敵ですね」っていわれると、ついあれもこれもと買ってしまう……。

【Dr.牧野】私の患者さんも、同じことをおっしゃる方が多いですよ。「お姫様のように扱ってもらえる」と。その根底にあるのは、幼い頃に満たされなかった“褒めてほしい”“肯定してほしい”という心理なのかもしれません。SNSにアップして“いいね!”がほしいのも同じ理由ではないでしょうか。

【T子さん】そうかもしれません。買い物は楽しいけどSNSにアップしたらそれで満足というか、1回も使わずに放置してるものがけっこうあるんです。クローゼットはいっぱいだし、家も片付かない。それでも、やっぱり買い物をやめられなくて。どうしたらいいんでしょう?

次ページ >> “いいね!”&買い物依存から自由になる手段とは?

OTHER ARTICLES

2017.12.27(Wed)

【Dr.牧野のGLAM外来】vol.8 人間関係に悩んで転職を繰り返してしまいます。私って社会不適合者なんでしょうか?
牧野真理子
牧野真理子

2017.12.14(Thu)

【Dr.牧野のGLAM外来】vol.7 既婚の女友達のシアワセが喜べないです。心が狭いのでしょうか?
牧野真理子
牧野真理子

2017.08.31(Thu)

【Dr.牧野のGLAM外来】vol.6「ライバルは20代!? 若さへの執着が止まらない私ってイタイですか?」
牧野真理子
牧野真理子

RECOMMEND

2020.05.29(Fri)

【厳選】おしゃれなレインシューズの人気ブランド|レイングッズで気分を上げる♡
hanazono
hanazono

2020.05.05(Tue)

【2020年最新版】人気のトレンド水着コレクションをチェック!
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.05.24(Sun)

デスク周りをおしゃれに快適にしたい!女子におすすめグッズ9選
nanat
nanat