GLAM Editorial
GLAM Editorial

2017.02.01(Wed)

【可愛い!!】ディオール2017SSショーメイクアップのレシピを公開

先日発表されたディオールの2017年春夏オートクチュールコレクション。迷宮をテーマにした今回のコレクションショーでのメイクアップを、ポップな動画&アニメでご紹介♪

今回のショーメイクを率いたのは、ディオール メイクアップ クリエイティブ&イメージ ディレクターのピーター・フィリップス。彼いわく「仮面舞踏会に足を踏み入れたようなイメージを大切に、やわらかな輝きと繊細な女性らしさを表現しました」。



1月に発売したばかりの「ディオールスキン フォーエヴァー クッション」、角質&保湿ケアができるリップアイテム「ディオールアディクト スクラブ&バーム」、そして3月に発売する新リップ「ディオールアディクト ラッカー スティック」など注目のアイテムがたくさん使われています。ぜひ、春メイクの参考に取り入れてみて!



FACE
「フォーエヴァーのベースとクッションで、フレッシュマットな肌を作り、眉骨、眉間、そして人中にルミナイザーをプラスして立体感を演出しました」。

<使用アイテム>
●ディオールスキン フォーエヴァー&エヴァー ベース
●ディオールスキン フォーエヴァー クッション
●ディオールスキン ヌード エアー ルミナイザー 001( 2017年4月21日限定発売予定)
●ディオール ブラッシュ 756、876



EYES
「マスカラもアイライナーも使用せず、まばゆいグリッターの輝きのみで仕上げました」。

<使用アイテム>
●ディオールショウ モノ 826



LIPS
「スクラブ&バームで唇をなめらかに整えた後、ディオールアディクト ラッカー スティック をごく薄く。女性らしい、ナチュラルな口元が完成します」。

<使用アイテム>
●ディオールアディクト スクラブ&バーム
●デイオールアディクト ラッカー スティック 550( 2017年3月10日発売予定)

【Credit】
Haute-Couture Spring-Summer 2017, Dior show Backstage
Dior Make-up created and styled by Peter Philips.
Photography: Vincent Lappartient for Christian Dior Parfums



問い合せ:パルファン・クリスチャン・ディオール・ジャポン TEL 03-3239-0618
http://www.dior.com/beauty/ja_jp/

OTHER ARTICLES

2021.04.19(Mon)

「食べるなら朝!」食材、どれだけ知ってる?フード“朝活”のススメ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.04.13(Tue)

デザインと機能性を両立!普段履きできるおしゃれなレディースランニングシューズ6選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.04.09(Fri)

環境も変わる新年度…自分の“隠れ我慢”タイプを知ってストレスフリーに!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.02.15(Mon)

地中海太陽の恵み「サンライズ レッドグレープフルーツ」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2020.10.06(Tue)

キャンプのときの化粧はこれがあれば大丈夫!持っていきたい化粧品6選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.03.09(Tue)

この春のお仕事ドリンク…美味しそうな新作紅茶が気になる♡
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.06.10(Wed)

セルライト対策におすすめ!乾燥肌にも使える優しいボディケアオイル5選
GLAM Editorial
GLAM Editorial