GLAM Editorial

2017.05.19(Fri)

【カンヌ国際映画祭2017】レッドカーペットを彩る“ドヤ顔”セレブBEST10!

大人の肌見せドレスアップはジェシカ・チャスティンがお手本

写真:Shutterstock/アフロ

コンペティション部門の審査員を務める女優のジェシカ・チャスティンは、「アレキサンダー・マックイーン」の華やかな手刺繍が目を引くドレスで登場。大人の女性ならではの魅力を振りまいていました。その秘密は計算し尽くされた“肌見せ”にあると思うのです。肌の露出をベアトップのデコルテ周りだけにとどめたことで、品も保たれ一石二鳥。また、スカート部分がうっすら透ける素材なのもポイントです。ちゃんとは見えないけれど、なんとな〜く足のシルエットが見える、という絶妙なチラ見せは大人女性だからこそ通用するワザ。ジェシカ姐さんあっぱれです!  

 
 アクセサリーは一点豪華主義! 「ピアジェ」のルビーネックレスをチョイス。ドレスの刺繍とも喧嘩せず、赤リップともマッチ。効果的に赤を取り入れた好例ですね。 

次ページ>>女神のようなドレスで登場のリリー=ローズ・デップ、まさかの下着レス!?

OTHER ARTICLES

Other Articles

おすすめ記事

RECOMMEND

Recommend