• GLAM TOP >
  • BEAUTY>
  • NEWS>
  • ウィーン発のフレグランスブランド「WienerBlut (ウィーナーブルート)」が日本初上陸!

16.12.07(Wed)

ウィーン発のフレグランスブランド「WienerBlut (ウィーナーブルート)」が日本初上陸!

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

weiner_1207_01

パリのコレット、ロンドンのリバティやトランクなど、感度の高い厳選されたショップのみで取り扱われている、ウィーン発のユニセックス フレグランスブランド「WienerBlut (ウィーナーブルート)」が日本初上陸!11月26日、青山のdoinel(ドワネル)にて先行発売がスタートしました。

1873年にヨハン・シュトラウス2世が作曲したワルツのタイトルでもある、“ウィーン気質”の意味を持つブランド「ウィーナーブルート」。史上稀にみる文化の爛熟を迎えた、19世紀ウィーンのエッセンスを再現すべく、当時のレシピをベースに現代の感覚でアレンジされた香りを提案しています。

weiner_1207_02

1800年代末、ウィーンの上流階級の人々が山間部で休暇を取り始めたことに由来し、山林や松葉、雪や木々の新鮮な香りが楽しめる「ノール デュ ノール」。

weiner_1207_03

オーストリア帝国の祭日であった聖体祭へのオマージュとして作られ、3種類のフランキンセンス(乳香)、カモミールとナツメグという未精製の原料を使用した「エクス ヴォート」。

weiner_1207_04

フランツ・フェルディナント大公が19世紀末にインドのハイデラバードへ旅したことに着想を得た、インディアンダヴァナ(注:ヨモギの一種)と、サフラン&パチョリによって紡がれる香りの「パレ ニザーム」。

weiner_1207_05

19世紀末当時、最も裕福な人間だけ許された柑橘類の農園で、最も高貴なものとして人気のあった香りのひとつのマンダリンオレンジに始まり、柘の木やジャスミン、杉に囲まれた庭の気配も感じさせる「ヘスぺリア」。

今回日本での展開がスタートしたのは、高価な天然原料を惜しみなく使い仕上げられた、以上4つのオードパルファム。「香水作りは私にとって、自分の思想やアイディアを表現し、人々と分かち合うための方法なのです」、創業者のアレクサンダー・ローバーがそう語るように、まるで歴史をさかのぼり、19世紀のウィーンを旅するかのような知的好奇心がくすぐられるフレグランスです。
2017年2月から予定されている正式販売を前に、ぜひいち早くチェックしてみて!

<商品概要>
オードパルファム(100 ml)4種 各¥26,000(税抜)
<お問い合わせ先>
doinel(ドワネル) 店舗 Tel: 03-3470-5007
http://doinel.net/