17.03.08(Wed)

オーブントースターで5分!へルシーきんぴら豆腐グラタンで体をリセット

Atsushi Ishiguro

Atsushi Ishiguro フードコーディネーター・フォトグラファー

世界を旅するフードフォトグラファー。音楽業界を経て、グローバルIT企業でエンターテイメントのスタートアップを数多く担当し、現在はフリーのフードコーディネイター兼フォトグラファー。世界各地で食べたおいしいものを日本で再現す...

ゴボウの植物繊維、大豆と鶏むね肉の低脂肪たんぱく質に、チーズでカルシウム補給。

週明けに、そして週末に向けて、リセットできるメニューです。

 

市販のきんぴらごぼうを使って、豆腐と豆乳のホワイトソースで仕上げます。隠し味は味噌。

材料:

きんぴらごぼう(市販のもの) 80~90g
絹ごし豆腐 1/2丁(150g)
鶏むね肉 50g
小さじ1
味噌 大さじ1/2
豆乳 30㏄
少々
コショウ 少々
ピザ用のチーズ 30g
乾燥パセリ 少々


"

電子レンジとトースターで完成!火も鍋も使いません。

作り方:

  1. 1.鶏むね肉は繊維に沿って割くようにそぎ切りにして、軽く塩コショウ、酒を振っておきます。小さめの一口サイズが食べやすい大きさです。
  2.  2.耐熱皿にキッチンペーターを2枚重ねになるように敷き、その上に豆腐を置いて電子レンジ600wで2分。レンジから取り出し、口が大きめのコップ等に移して崩したら、キッチンペーパーを上から密着させて、さらに出てきた水分をとります。
  3. 3.2に味噌と豆乳を加えて、泡だて器で滑らかになるように混ぜます。
  4. 4.耐熱皿にきんぴらごぼうを敷き、2のソースを静かにかけて、その上にピザ用のチーズをのせたら、トースターでチーズが溶けるまで加熱します。(約5分)

 

このように耐熱容器の上に、先にキンピラと鶏肉を敷きます。

その上に、ソース、そしてチーズをのせます。

豆腐の水切りは、省けない手間なんです。

  • 味噌によって塩味の強さが違います。物足りなければ塩を少々足してみてください。
  • 水切りをすると豆腐の豆臭さが抜けます。後で豆乳をいれるのになぜかなと思いますが、ひと手間かけておいしくなります。
  • ご飯に乗せてもおいしいですよ。

ミルクのホイッパーで混ぜるとより簡単にクリーミーに!

  • ソースを簡単に滑らかにするには、この量であれば電池式の牛乳の泡だて器があれば簡単です。(ラテのミルクホイップをつくるものです。)1000円前後で手に入ります。

グラタンなのに簡単に作れて洗い物が少なく、グラタンなのに食物繊維たっぷりでヘルシー。軽くてクリーミーな豆腐と豆乳のクリームはほかの料理にも応用できそうです。