• GLAM TOP >
  • LIFESTYLE>
  • SPECIAL>
  • 【女の履歴書】Vol.6 ネイリスト・高野尚子−−「ネイルが、とにかく自信がなかった私を変えてくれた」

17.07.13(Thu)

【女の履歴書】Vol.6 ネイリスト・高野尚子−−「ネイルが、とにかく自信がなかった私を変えてくれた」

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

高野尚子(ネイリスト、ネイルサロン「ネイディーン」代表取締役社長)

1973年東京都生まれ。大学卒業後、美容関連の商社に入社。営業職として順調にキャリアを積むも、手に職を付けたいと考え、エステティシャンに転職。並行してネイルスクールに通う中で、その魅力に魅了され、ネイリストに。2000年に世界的なネイルブランドOPIのスポンサードを受ける。2001年、独立し「Nadine NAILS」をオープン。同時にCM、雑誌など幅広いジャンルの仕事をこなす。2007年には恵比寿にネイルスクール「高野尚子 インテグレイティッドネイルカレッジ」を開校。2010年、オリジナルネイルブラシブランド「naoko takano」を発売。2012年、ディズニーキャラクターが登場するネイルブランド「T-GEL COLLOCTION」のクリエイティブディレクターに就任。2014年には日本人女性で初の「スワロフスキー認定ネイルインストラクター」、OPIジャパン認定エデュケーターに就任。

現在、最前線のリアルな美容情報を伝える美容賢者として、TV、ラジオ、講演、企業ビューティアドバイザーなど、ネイルサロン以外のフィールドでも幅広く活躍中。


コンプレックスの塊だった10代。ネイルに出会って、すべてが変わった。

Q.ファッションとリンクしたネイルアートの先駆者である高野さん。昔から美容に興味を持っていたのですか?

はい。高校時代からです。海に行く際は痩せるジェルを身体に塗って、その上からサランラップを巻いていたほど、“美”へのこだわりは持っていました(笑)。なのに部活を辞めてからすごい体重が増えてしまって、そのときは「かわいくなりたいのに、どうして私、太ってしまうんだろう?」と自己嫌悪に陥ったこともありました。そこからエステに通ったり必死にダイエットして、20キロくらい痩せました。

Q.あくまで趣味だった美容を仕事にしたのは、いつからですか?

大学卒業後、美容関係の商社に就職したときからです。そこから営業職として、美容関連の商品に携わるようになったんですが、私は事務職を希望していたので、内心は「腰掛けで就職しただけだし、もっと楽な仕事がいいのに!」と思っていました(笑)。でも、営業職もやってみると楽しくて、女性社員の代表として商品開発のメンバーに抜擢されるなど、とても順調にキャリアを積んでいきました。

Q.そこから、なぜネイリストに転身しようと?

入社して3年が過ぎた頃、ふと将来の不安に駆られ「手に職を付けるべきなんじゃないか?」と考えるようになったんです。そこからいろいろ調べて、自分の好きな“美容”を活かせる「エステティシャン」になるために転職し、ホテルのスパで働き出しました。

そのスパで「ネイルについて勉強しておいてくださいね」と言われたんです。それを機に、仕事と並行してネイルスクールに通い出しました。

実はネイルは高校生のときから大好きでした。ですが、それを職業にしなかったのは、自分の指にコンプレックスがあったからです。私の小指は、よく見ると曲がっているんです。親指の爪もぺったんこですし。だから「手先が美しくない自分はネイリストになる資格はない」と、ネイルを仕事にすることを勝手に諦めていたんです。

次ページ >> コンプレックスを乗り越えて、ネイリストとして歩む喜びと怒涛の日々