• GLAM TOP >
  • LIFESTYLE>
  • LIVING>
  • 待望のリニューアル! SOLSO FARM諸岡さんに聞くインテリアグリーンの選び方&育て方6つのTips

17.04.21(Fri)

待望のリニューアル! SOLSO FARM諸岡さんに聞くインテリアグリーンの選び方&育て方6つのTips

田村 美季

田村 美季 フリーランス編集/ライター

アメリカをこよなく愛する、フリーランスの編集・ライター。ファッションからインテリア・デザインなどライフスタイルを中心に、雑誌及びオンラインメディアで執筆中。趣味はD.I.Y.。ちょうどいい収納家具がなければ、ホームセンタ...

新緑が眩しい、清々しい季節がやってきました。 家の中にもグリーンを取り入れて、インテリアをブラッシュアップさせるのも楽しいシーズンです。そこで、今回は4月1日にリニューアルオープンしたばかりのグリーンショップ、ソルソファームへ。マネージャーの諸岡和恵さんに、初心者にも育てやすいインテリアグリーンの選び方や育て方について聞いてきました。

【ソルソファームってどんなとこ?】

場所は神奈川県川崎市宮前区。広大な敷地にはさまざまな植物が育ち、まさに緑溢れる農園! 植物以外にも、プランターやツールなどグリーン周りのアイテムも販売。またファーム内にはキッズスペースが設けられ、カフェも併設されているので、家族で一日買い物を楽しめるのも魅力です。

数々のショップやブランドのディスプレイなども手がけているソルソだけあって、ファーム内には飾り方のヒントやガーデニングのアイディアなどが満載! オープンは週末の土曜・日曜日と祝日のみですが、週末毎にファーマーズマーケットやワークショップなどのイベントも開催。“グリーンのある素敵の暮らし”をイメージしに、是非週末に脚を運んでみて!

ソルソファーム(SOLSO FARM)
住所:神奈川県川崎市宮前区野川3414
電話番号:044-740-3770
営業時間:10:00〜17:00
定休日:平日
SOLSO FARM公式サイト

今回、お話を伺ったのはソルソファーム・マネージャーの諸岡和恵さん。小さな鉢植えから庭の木々に至るまで、植物について幅広い知識を持つスペシャリスト! 引っ越しをする際には、植物たちが暮らしやすいかを最初に考えるそう。

Q1. グリーン初心者でも育てやすい植物にはどんなものがありますか?

「どんな植物も適切に育ててあげる必要がありますが、育てやすさで選ぶならやはり観葉植物類でしょうか。サボテンや多肉植物、エアプランツなどよりも成長が早いこともあり、水分不足や日光が足らないかな、というのが葉などの表情に出やすいんです。見た目でわかるとお世話もしやすいですよね。なかでもシダの仲間は、緑も瑞々しく色んなフォルムのものがあるので、インテリアグリーンにおすすめです。最近はインパクトのあるコウモリランあたりが人気があります。板に着生したものや、苔玉とアレンジして吊るして飾れるものなど、さまざまな種類があるので飾りたい場所などに合わせて選んでみてください」

————観葉植物のコーナーは、入り口を入ってすぐ右手にある温室の中。諸岡さんがおすすめするシダ植物やちょっとグロテスクな食中植物のサラセニアをはじめ、初心者にも育てやすい植物がたくさん揃っています。

Q2.人気のサボテンや多肉植物、上手に育てるにはどんなコツがありますか?

「見た目もインパクトがあって、いろんな種類が揃うサボテンや多肉植物はとても人気があります。丈夫で育てやすいイメージですが、意外と枯らしてしまう人も多いようですね。たとえば砂漠で育つサボテンは水やりもいらないかなと思うと放っておいたらやはり枯れてしまいます。植物全般に言えることですが、多肉植物もサボテンも生まれ育った環境に近い状況を好みます。乾燥につよい植物ではありますが、多肉植物やサボテンは身体に水分をたっぷりと蓄えているように、水は大好きな植物。それぞれの成長期に合わせて適度な水やりが必要です。成長期には土がすっかり乾いたらたっぷり水を。目安は2週間に1回くらい。休眠期は月に一度くらいでOKです。それから風通しも大切。ずっと湿っていると根腐れを起こしてしまうので注意してくださいね。」

————ファーム中央の階段を登って2つ目の温室がサボテンと多肉植物のコーナー。大小様々なサボテンに、奇妙な形の塊根植物、小さくぷっくりと膨らんだ可愛らしい多肉植物が並びます。

Q3.センス良くグリーンを飾るのに、どんなコツがありますか?

「立ち姿に特徴のある多肉植物やサボテンは集合させると可愛らしさが倍増します。形の面白いサボテンをテンポ良く並べてみたり、多肉植物なら寄せ植えするのもいいですね。また葉が下に垂れるものや大きく葉を広げるものなどは、高い場所に飾るのもおすすめです。目線より高い位置に植物があるのも、インテリアの効果的なアクセントになります。小さめのプランター植物なら、スタンドなどを使って高低差をつけて飾ると素敵です。オブジェなども合わせると、より印象的なコーナーができあがります。」

————プランターやツール、テラリウムなどが探せるショップはファームの入り口の左側に建つ大きな建物。オーナーこだわりのオリジナルプランターやプランタースタンド、また海外からやってきた味わいのあるマクラメなど飾り方のヒントになるアイテムが盛りだくさん。見応えたっぷりのショップです。

Q4.トイレや玄関にグリーンを飾りたいのですが、難しいでしょうか。

「窓のないトイレや玄関など、人がいない時間は常に真っ暗という環境で植物を育てるのは残念ながら難しいですね。例えば日中は窓辺に置いてあげて、夕方にトイレに持って行ったり、2種類の植物を交換で置いてあげると良いと思います。そう言う点では、エアプランツは移動しやすくていいと思います」

Q5.グリーンを育てる上で大切なことは何ですか?

「植物も生き物。基本的には“人が心地いいと思える場所”で育ててあげることが大切です。一日中暗いところや寒いところ、強い日差しが入る場所などは、人にとっても暮らしたくない場所ですよね? 理想は大きな窓があって風通しも良い場所。カーテン越しの柔らかい日差しは植物にも快適です。家の中ならやはり人が集まるリビングが理想ですね。そして適度な水分補給。植物の成長期にもよりますが、観葉植物なら土が乾いたら水をたっぷりとあげます。ただ植物は蒸れに弱いので、風通しよくしておくことも忘れずに」

Q6.諸岡さんが注目しているグリーンを教えてください!

「個人的に注目しているのはランの種類です。原種ランで、花がメインではありますが、根の張り方や葉の形なども特徴的で全体で“生きている!”という雰囲気があります。流木に着生しているものなど、なかなかグロテスクで面白いですよ(笑)。意外と育てやすいので、インテリアグリーンにもおすすめです!」