• GLAM TOP >
  • BEAUTY>
  • NEWS>
  • 「“頭皮力”を鍛えて顔たるみを防ぐ!」2017年は頭皮ケアを徹底的に

17.01.04(Wed)

「“頭皮力”を鍛えて顔たるみを防ぐ!」2017年は頭皮ケアを徹底的に

ささきひろこ

ささきひろこ フリーランスクリエイター

フリーランスライター&エディター。コスメコンシェルジュ/ヘルスフードカウンセラー。Instagram:https://www.instagram.com/fabulous_hiroko/

新年あけましておめでとうございます。
今年の抱負はお決まりでしょうか。
私の2017年は「原点回帰」がテーマ。
美容においても、“根本”からしっかり立て直していく予定です。
 
頭皮と顔は1枚の皮膚でつながっているので、「頭皮が1mmたるむと顔も1mmたるむ」といわれています。
美肌のために時間とお金を使っている割に、あまり手応えを感じていないという人は、頭皮ケアを怠っているのかもしれません。
今年はまず、「頭皮力を鍛える」ことからはじめてみませんか。
 
頭皮力を鍛える
 
■頭皮ケアがなぜ必要なのか
パサパサの髪をみると、どうしてもそこばかりをどうにかしようとしてしまいますが、重要なのは“頭皮”なんです。
髪は死んだ細胞なので、どんなにがんばっても現状維持がやっと。
毛先だけがキレイに生まれ変わるはずはありません。
では今、髪のために何ができるのかというと「頭皮力を鍛える」こと。
次に生えてくる髪を健やかにするには、頭皮環境を整えておく必要があるんです。
 
 
■頭皮力を鍛えるには
理想的な頭皮は、柔らかいこと、皮脂汚れが詰まっていないこと、適度に潤っていることがあげられます。
頭皮に指を置いて軽く動かしたとき、ガッチガチの状態だとかなり重症かもしれません。
シャンプーをする以外でも、頭皮を動かしてあげる習慣をつけましょう。
 
①シャンプー前にブラッシングをする
皮脂やホコリなどの汚れを浮かせます。毛先からほぐしてから毛流れに逆らってブラッシングしていきます。
 
②髪ではなく頭皮を洗う
シャンプー剤は髪につけるのではなくて、頭皮におく意識を。ゴシゴシ洗いはNGで、指を小刻みに動かし少しずつずらしながら頭皮を洗います。
 
③頭皮美容液で潤いを与える
顔と同様に頭皮にも適度な潤いを。ドライヤーの前には、頭皮用美容液をあらかじめ頭皮になじませておきます。
 
 
■私の「頭皮力を鍛える」アイテム
私が現在、採用している頭皮ケアアイテムたち。
頭皮を上手く洗えない人や、爪の長い人は特に「頭皮洗浄ブラシ」はオススメです。
 
頭皮洗浄ブラシ 
頭皮の皮脂汚れを浮かす、頭皮洗浄ブラシ
 
ブラッシング用ブラシ
普段使いのブラッシング用ブラシ
 
プロージョンヘアケアアイテム
左から、クラッキングセラム、頭皮用マッサージクリーム、マッサージフォームシャンプー、トリートメント(すべてプロージョン)
 
自宅で可能な限りのことをやりつつ、月1回くらいのペースで美容院のスカルプケアや炭酸ヘッドスパなどをやっておくと完璧ですね。
私のお気に入りは、オーガニックコスメ「ローズ・ド・マラケシュ」のクレイシャンプーを使ったスカルプクレンジング&マッサージと、アルガンオイルトリートメント&ナノイオンミストのヘアパック。
頭が軽くなる感覚と、髪の落ち着き感が半端なくいいんです。
気になる人は「ジャン・クロード・ビギン」へ行ってみてください。
 
2017年、ますますキレイに磨きをかけましょう!
 
 
※プロージョンアイテムの詳細はこちら
 
※ローズ・ド・マラケシュの製品はこちら