• GLAM TOP >
  • BEAUTY>
  • MAKE UP>
  • 「オーラ肌」と「リフトアップ」を同時に叶える毎日のスキンケア法(その2)

15.09.11(Fri)

「オーラ肌」と「リフトアップ」を同時に叶える毎日のスキンケア法(その2)

ささきひろこ

ささきひろこ フリーランスクリエイター

フリーランスライター&エディター。コスメコンシェルジュ/ヘルスフードカウンセラー。Instagram:https://www.instagram.com/fabulous_hiroko/

日本パーソナルメイク協会代表理事、福井美余さんに習う、『「オーラ肌」と「リフトアップ」を同時に叶える毎日のスキンケア法』第2弾をお届けします。

スキンケアで一番大事なクレンジングの後は、朝と夜でポイントに違いのある「化粧水のつけ方」からご紹介。

 

■ポイント2:化粧水のつけ方

朝と夜に使う化粧水は同じでOKですが、“つけ方”に違いがあります。朝はコットンを使用して、夜は手でつけること。寝起きはむくみやすく、くすみやクマが気になるもの。そこで、朝コットンを使ってパッティングすれば、マッサージ効果によりそれらの悩みを改善できるんですって。夜つける化粧水は手を使う方が良いという理由なのが、肌は日中に受けたダメージで疲れているので、それ以上に刺激を与えないようにするため。

コットンの持ち方にも工夫があり、コットンの裏に回す指は必ず1本で。2本だと、どうしても力を入れ過ぎてしまうそうです。開始場所は、耳下腺(じかせん)から。“はたく”というより“仰ぐ”という感じで、風を送りながら動かしていくのがポイント。順番は、耳下腺→フェイスライン→アゴ先→フェイスライン→頬(左右に動かしながら)→こめかみ→額へいったら、逆の順番で耳下腺に戻り首は上から下へ流すように動かします。コットンを裏返して、目と口周りは3秒ほどゆっくりフィットさせながらつけて終了。

 

〜注意点〜

・髪の生え際まで行うこと

・通して1分ほどで終わらせる(長くやればいいというわけではない)

 

2015-08-22%252014_003

(ここが「耳下腺(じかせん)」)

■ポイント3:美容液・クリーム

美容液・クリームは、手であたためてから目→口→Uゾーン→Tゾーンの順で優しくプレスしてつけていきましょう。

 

■ポイント4:スペシャルケア「形状記憶コットンパック」

福井先生直伝「形状記憶コットンパック」は、リフトアップ効果もあるんです。コットンにたっぷり化粧水をとりコットンを割いたら、最初にアゴにのせて片手で片側を抑えながら、もう片方をぐいっと引き上げ伸ばします。その要領で頰にのせ、額は筋肉の流れに沿って斜め下に貼るようにし、最後に鼻にも。これで3分ほど置いてコットンをはがします。

 

〜注意点〜

・コットンは端が閉じていない大判のもので

・コットンが乾き切る3分くらいで終わらせる

 

2015-08-22%252014_002

(ぐいっと上げて貼っていきます)

2015-08-22%252014_004

(額のコットンは斜め下方向)

2015-08-22%2014

(リフトアップしているのが一目瞭然)

毎日の習慣で何となくやっているスキンケアでは、本来の効果を発揮できていない人が多いのではないでしょうか。「ほんの少しの工夫」で差の出る効果。今夜から早速、見直してみませんか。