15.07.22(Wed)

ジャンキーなものを食べたくなったら、15分の散歩にでよう

MY LOHAS

MY LOHAS

30代40代の女性へ向けて「ロハス」をテーマにナチュラルで上質な暮らしを提案。心まで豊かにするライフスタイル情報をお届け.

20150721_sanpo_1

人はストレスがたまると、ジャンクフードがいつもより美味しそうに見えてきます。

最近の研究によると、たとえジャンクフードが目の前にあったとしても、短時間の散歩で食べたいという欲求を抑えられることがわかりました。

『PLOS ONE』誌に掲載された、オーストリアのインスブルック大学のLarissa Ledochowski氏と、イギリスのプリマス大学のAdrian H. Taylor氏らの研究では、短時間の簡単な運動でチョコバーに手を伸ばす頻度が劇的に減ることがわかっています。