15.06.30(Tue)

マルコム ベッツで見つける運命のジュエリー

原田かれん

原田かれん スタイリスト、バイヤー

美大卒業後、グッチ、シャネルにてキャリアを積む。海外のエッセンスを取り入れたハイ&ローミックスのスタイリングを得意とし、スタイリスト・バイヤーとして活躍中。

DSCN5718

人生の節目で手にするジュエリー。

それらは、あなたの人生をも美しく飾り立てるものです。

また、あなたの人生を美しく飾ったジュエリーは、先祖代々受け継がれ、本当の意味での「宝」にもなることがあります。

だからこそ、ジュエリーはこだわりを持って選びたいもの。

今回は、世界中から愛されているMALCOM BETTS(マルコム ベッツ)のジュエリーをご紹介します。

 

◆ブランドの立ち上げ

1964年、ロンドンに生まれたマルコム・ベッツは、ロイヤルカレッジオブアートを卒業し、独自のスタイルを確立させていきました。

1994年には、自身のブランドを立ち上げ、2001年にはロンドンのノッティングヒルにスタジオ兼ショップをオープンします。

 

◆モダンヴィンテージと称される作品

 

DSCN5723

マットな質感のプラチナやゴールドにダイヤモンドやルビー、サファイアを配した彼のデザインは「モダンヴィンテージ」と称されます。

それぞれの宝石に合わせてふさわしいデザインをハンドメイドによって施すため、1点1点表情が異なります。

また、「ハンマリング」と呼ばれる金属の表面を何段階にも分けて叩き、表情を付けていく技法を使って作られた作品は、マットな質感でありながら暖かみを感じる独特の雰囲気を持っています。

使い込むほどに、オリジナリティあふれた艶と味わいが増してゆくのもマルコム ベッツのジュエリーの魅力の一つです。

お気に入りのジュエリーとともに自分のストーリーを重ねていくのも素敵ですね。

 

◆吸い付くような着け心地のリング

 

DSCN5721 (1)

マルコム ベッツのジュエリーの中でも、特におすすめしたいのが「リング」。

市販されているリングのほとんどは、内側がフラットに、なめらかに仕上げられていますが、マルコム ベッツのリングは、内側もハンマリングによって表情がつけられています。

この内側の表情が、ポイント。実際に指にしてみると、吸い付くようにフィットするのです。マリッジリングとして選ばれるのも、この着け心地の良さがあるからかもしれません。

また、重ね着けで自分らしさを表現するのも楽しみの一つです。

 

◆豪華な顧客リスト

世界中に顧客を持つマルコム ベッツ。

彼の作品は、同業のジュエラーからも高い支持を受けています。

また、10年以上にわたりツアーピアスの制作を担当したU2のメンバーはもちろんの事、トム・クルーズ、ダスティン・ホフマン、メグ・ライアンなどのハリウッドスターたちも彼の顧客リストに名を連ねています。

 

◆日本でのトランクショーも

日本でマルコム ベッツの作品に出合えるのは、バーニーズニューヨーク。

ピアス、バングルを始め、ブライダルとしても対応できるリングを取り扱っています。

マルコム ベッツは、その作品もさることながら、彼のキャラクターにひかれて、ショップを訪れる顧客も多いのだとか。

バーニーズニューヨークでは、定期的にマルコム ベッツ自身が来日する受注会もあるので、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか?