• GLAM TOP >
  • BEAUTY>
  • NEWS>
  • コテ不要!今から楽しめる、秋冬トレンド「寝起きヘア」の作り方

15.05.27(Wed)

コテ不要!今から楽しめる、秋冬トレンド「寝起きヘア」の作り方

ELIE INOUE

ELIE INOUE Fashion Journalist

神戸の大学を卒業後、単身渡米。NYのファッション業界に携わり、雑誌のライター・コーディネーターとして経験を積む。現在はParisをベースにヨーロッパを駆け回りながら、海外取材やコレクションを通してトレンド分析・考察するジ...

hair

この春夏のファッショントレンドは“自然体”。身に纏うものに限らず、メイク・ヘアで自然美を表現しているコレクションが多く見られました。少し気が早いですが、今秋冬も自然美の流れはそのまま引き継がれ、そこに“女性らしい強さ”がプラスされます。(秋冬コレクションに関してはこちら「2015−16年秋冬コレクションレポート!癒しからの脱却で力強さを纏う現代の女性」http://www.glam.jp/post-85549/)Givenchyの広告キャンペーンにノーメイクのジュリア・ロバーツを起用したり、ランウェイでもスッピン風メイクが席巻。

 

■Michael Korsが魅せた、どこまでも“自然体”なヘア

 

最も驚いたのは、2015FWのMichael Korsのショー。モデル全員が、プロのヘアアーティストにシャンプーとブローを施され、そのままベッドへ。寝起きヘアのまま会場へ入ったモデルたちのヘアは、手を加えられることなく、そのままランウェイを歩いたのです。どこまでも“自然体”を求めた結果、辿り着いたヘアのようです。

「煌びやかなだけが、グラマラスでない」と語るデザイナー、マイケル・コースが具現化したのは見事な“ニュー・グラマラス”でした。30年代のアメリカン・クラシックを思わせる上質なファーコートとドクターズバッグ。そこに90年代のノーコアムードを取り入れるため、かかとの無いつっかけ風のオックスフォードシューズと寝起きヘアでストリートにも落とし込めそうなスタイルに。無造作の中に見え隠れするこだわりや、本物主義がよりセクシーでグラマーな女性を演出しています。

 

 

■“寝起き風ヘア”の作り方

 

どんなにMichael Korsのコレクションが素晴らしかったからといって、本当に寝起きヘアのままで外出するわけにはいきませんよね。ゆるーくウェーブがついて、風が吹いても気にしないような、あくまで寝起き“風”ヘアを作り上げましょう。今回はNYのウェブマガジン『The CUT』(http://nymag.com/thecut/2014/06/beauty-gifs-how-to-wake-up-with-beach-waves.html)の記事を参考に、プロのヘアアーティストが教える「寝起き風ヘア」の作り方をご紹介します。

 

1.ブロッキング

乾きのヘアを全体4つにブロッキングします。

 

2.団子を作る

ブロッキングした4つの束をそれぞれクルクルとねじっていき、団子を作ります。最後はピンで留める。

 

1

3.スプレー

4つのお団子が完成したら、軽く全体にスプレーをかけて少し固めます。前夜に行って7時間以上の睡眠を取れる場合はそのまま寝てしまいましょう。時間を置けない場合はドライヤーをかけて乾かします。

 

2

最後は解いたら完成。団子を作る時に、束の先端を引っ張りながら、しっかりキツめにすることがポイントです。

 

3

コテを使うこともなく、ダメージも少なく素人でも簡単に作ることができます。寝る前にすれば、朝は解くだけなので時短にも繋がります。

今秋冬、ヘアの一大トレンドに浮上しそうな「寝起き風ヘア」をいち早く取り入れて、楽しんで下さい!

 

ELIE INOUE
instagram@elieinoue