15.06.01(Mon)

メイクラブの前に化粧は落とす?落とさない?

島田佳奈

島田佳奈 作家/コラムニスト/AllAbout恋愛ガイド。

豊富な体験と取材から得た“血肉データ”による独自の恋愛観が定評。 『人のオトコを奪る方法』『アラフォー独女の生きる道』他、著作多数。

7_shutterstock_244522807

彼とのスキンシップは、デートの中でも特別な時間。
だけど気になるのはメイク問題。至近距離で見つめ合って愛をささやく最中に、あなたのメイクが汗でドロドロに崩れているのは避けたいもの。かといって、シャワーのときにメイクを落とし、素顔を見た彼に「誰?」と驚かれてしまったら、せっかくのメイクラブが盛り下がってしまうかもしれません。

メイク派とすっぴん派、どちらが正解というわけではありません。いずれにしても、至近距離で接するときに彼にガッカリされなければいいのです。
そこで今回は、シチュエーションに合わせたベストな選択を指南します。これでもう、アップで見られても大丈夫!

■“休憩”と“宿泊”では、メイク落としのタイミングも変えて


2~3時間の“休憩”を利用してのスキンシップの場合、のんびり帰り支度する余裕があるとは限りません。中にはシャワーすら割愛してベッドに倒れ込む……なんて激しいケースもあるでしょう。
「泊まるわけじゃないから」と、首から上を濡らさないようにする人も多いようですが、盛り上がりの最中に汗で化粧が崩れるよりは、落としてしまうほうが賢明です。その場合、あらかじめクレンジングシートを持参して(なければ途中のコンビニで買って)、部屋に入ったらすかさず化粧室へ行き、汗で流れそうなところだけ落とすのが正解。

至近距離だと髪についたニオイも気になります。しかし乾かす手間を考え“休憩”時のシャンプーは割愛。髪用フレグランスをポーチに携帯し、シュッとひと吹きすればOK。

朝までゆっくり彼と愛し合えるお泊りデートならば、化粧も一度完全に落としてしまったほうが肌にもいいし、寝る時もリラックスできます。事前に準備できる場合は、すっぴんでもメイク顔っぽくなるよう“盛って”おいて。
なお、盛り方については別記事(彼と温泉……の前にやっておきたい「すっぴん」勝負テク)をご参考ください。

■素顔に自信のない人はポイントメイクを


短時間でも長時間でも、まだ彼に「素顔を見せられない」場合、下地だけ落としてアイメイクは残しておきましょう。
幸い、男性は女性に比べてメイクの違いにあまり敏感ではありません。照明を暗めにしてムードを高めれば、下地を落としたくらいの変化なら彼は気づかないはず。メイクラブに備え、デートの日のアイメイクやアイブロウはウォータープルーフのものを使用するようにするのも忘れずに。

そしてどんなシチュエーションでも、できれば口紅は落としておくか色味の薄いリップにチェンジして。これは、彼の口周りを赤く染めてしまわないための思いやりです(あなたのメイクが崩れるということは、相手の肌や寝具を汚すことでもあります)。
あとは、メイクラブ前後に彼を待たせないよう、自宅でこっそり“手早く化粧を直す”スキルをマスターすれば完璧です!