• GLAM TOP >
  • BEAUTY>
  • MAKE UP>
  • グリッター×メタリック ふたつの質感を楽しむアイメイク

15.01.05(Mon)

グリッター×メタリック ふたつの質感を楽しむアイメイク

Nicole

Nicole ビューティブロガー

国内外のコスメや海外でのビューティ関連のトレンドなどを紹介するブログBeau Tea Timeと、日本のコスメと美容情報を紹介するブログThe Beauty Maniac in Tokyoを運営。

nicole-1_150105

今シーズン、私が初めて挑戦したのはメタリックな質感のアイライナー。今まではブラックのリキッドアイライナー一筋だったのですが、今シーズンは何故かブラウンやバーガンディのアイライナーでちょっと目元に抜け感を出すようなアイメイクが気になって、ちょっと今までとは違うアイライナーはないかしら?と探していた時にドラッグストアでたまたま見つけたのが韓国のプチプラコスメブランド dodoのメタリックアイライナー。600円程と大変お手頃価格だったので、ものは試しにと購入してみたらこれがとっても可愛い!とはいっても、実際ちょっと派手じゃない?と思っている方も多いのでは。今日はメタリックアイライナーを思い切ってグリッター系のアイシャドウと組み合わせてふたつの違った質感を楽しむアイメイクをご紹介します。


nicole-2_150105

1. まずはしっかりプライマーを塗布してベースをつくります。
2. まぶたのくぼみ、クリースの部分をマットなアイシャドウを取ったブラシでなぞり、堀を強調します。 私が使っているのはイギリスのプチプラコスメブランド Makeup RevolutionのEssential Mattesパレット。日本円にして700円程度(£180)なのに発色が綺麗な、マットなアイシャドウだけを集めたパレット。
3. まぶた全体にグリッターをオン。私のお気に入りはMakeup RevolutionのMetals Eye Foils。クリームアイシャドウを付属のパレットの上でプライマーと混ぜ、リキッド状のグリッターに仕上げるもの。ブラシよりも指でのせたほうが濡れたような艶感が出ます。
4. グリッターはまぶたの幅ちょうどに乗せることで、きゅっと引き締まった印象に。


nicole-3_150105

5. クリース部分に2で使ったマットアイシャドウをプラス。こうすることでグリッターで薄れてしまったクリース部分を強調できるだけでなく、簡単にグラデーションを作ることが出来ます。
6. 下まぶたの目尻側1/3に5で使ったアイシャドウをプラス。
7. ブラウンのリキッドアイライナーで細くラインを引きます。私のお気に入りはDolly Winkのリキッドアイライナー。細いラインが自由自在に引けるのでキャットアイも楽々。
8. 上からメタリックアイライナーで7で引いたラインをなぞります。


nicole-4_150105

nicole-5_150105

濡れたような質感のグリッターと、光を反射してチラチラ輝くメタリックのアイライナー。ちょっと違う質感ですが、このふたつを組み合わせることによって目元がゴージャスに彩られるだけでなく、統一感も出るんですよね。こういうメタリックのアイライナーは、マットなアイシャドウと組み合わせると浮いてしまいがち。さり気なくいつもと違ったアイラインを楽しむのであれば、思い切ってグリッターと組み合わせてみるのがお勧め。肌馴染みの良いゴールドのグリッターは、目元をきゅっと引き締めて瞳を大きく見せてくれる効果も。年始のイベントやバレンタインなど、冬のイベント時に是非試してみてくださいね。