17.06.08(Thu)

「王道なんて存在しない」アナ スイが40年越しに大学卒業

cafeglobe

cafeglobe

「自分らしく生きたい」「自分らしく働き、暮らしたい」と考える大人の女性のためのメディア

「この黒ガウン、ポリエステルなのよ」。 アナ スイはいたずらっぽく顔をしかめた。大学を去って40年ののちに出席した卒業式でのことだ。 始まりは70年代の初め、パーソンズ美術大学の食堂で二人の学生の会話がアナ スイの耳に届いた。Erika Eliasのネオヒッピーファッションブランド「Charlie’s Girls」がデザイナーを探しているという。家に飛んで帰り、これまでの作品をかき集めたポートフォリオを抱えたアナ スイは、面接に応募して見事採用。そのまま、21歳で大学をやめてしまった。