16.03.17(Thu)

ライアン・マッギンレー来日。待望の国内美術館で初となる個展が開催

NeoL

NeoL

都市で暮らす女性のためのカルチャーWEBマガジン

474c48398fc2e416f3c3c01dd0597400-494x330

ニューヨークで活動する写真家 ライアン・マッギンレーがこのたび来日、国内美術館初個展がスタートする。 ライアン・マッギンレーは1977年ニュージャージー生まれ。2000年に自らを取り巻くニューヨークのユースカルチャーを写した作品で注目を浴びる。The Whoのドキュメンタリー映画と同名の写真集と個展『The Kid’s Are Alright』を始めとした活動によりたちまち話題となり、アメリカで最も重要な写真家と評価される。彼の作品はグッゲンハイム美術館やサンフランシスコ近代美術館、ヒューストン美術館などが所蔵する。